2020年11月21日 平和リース球場

鹿児島実vs尚志館

第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

9番・濵崎が決勝打・鹿児島実



10回完投した鹿児島実・赤嵜

 鹿児島実尚志館。同じ川島学園の兄弟校同士の対戦は1点を争う緊迫した好勝負となった。

 1回裏、鹿児島実が4番・永井琳のレフト前タイムリーで先制する。

 尚志館は3回表、一死一塁から3番・迫田樹のレフトへの強襲打。飛びついたレフトの後方に抜ける三塁打となり、同点に追いついた。更に5番・神崎賢進がライト強襲の二塁打を放ち勝ち越しに成功した。

 5回裏、鹿児島実は3連打を浴びせ5番・駒壽太陽主将のライト前タイムリーで同点に追いつく。

 なおも無死満塁と畳みかけるチャンスが続くが、尚志館は2番手・原田隆太郎をリリーフに送る。ファーストゴロ併殺、センターフライで切り抜け、見事に後続を断った。

 7回は二死一塁から7番・宮原生がレフト線二塁打を放ち、一走・駒壽主将が一気に本塁を狙うも、尚志館が好連携で本塁タッチアウトをとりピンチをしのいだ。

 両者決勝点が奪えないまま9回を終え、無死一二塁から始まるタイブレーク方式の延長戦へ。



サヨナラ打を放った鹿児島実・濵崎

 10回表、尚志館は1番・田中大貴の犠牲フライで勝ち越したが、その裏、鹿児島実は9番・濵崎綜馬がライトオーバーの2点タイムリー二塁打を放ち、劇的なサヨナラ勝ちを決めた。

 緊迫した好ゲームに決着をつけたのは9番・濵崎だった。

 10回裏、送りバント、申告敬遠で満塁の場面で「外野フライでいいから、思い切って振り抜くことだけを考えた」。1ボールから迷わず振り抜くとライト強襲の二塁打となった。

 「マスクをかぶると緊張して肩が上がっているが、打席では大物打者のような雰囲気を放っている」と宮下正一監督。この日も左腕・赤嵜智哉をリードしているときは、宮下監督から一番怒られていた。

 3回に逆転されて以降、赤嵜は右打者の外角低めを中心に緩急を丁寧に使いながら、危なげない投球を続けていた。「ピンチの場面になると腕がよく振れていた」と濵崎。リードやキャッチングではまだまだ課題は多いが、得意の打撃で何とか好投を続けた左腕を助けたかった。

 決勝の相手は神村学園。「打力のあるチームだが、攻めのリードを心掛けたい」と意気込んでいた。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【選手名鑑】夏秋Vの神村学園の大黒柱・泰 勝利など 2021年鹿児島の逸材をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
元U-15戦士の現在地。野手陣もそれぞれ強豪チームの中心選手に成長 【ニュース - コラム】
第157回 2018年U-15代表の現在地。野手陣もそれぞれ強豪チームの中心選手に成長【高校野球コラム】
神村学園vs鹿児島実【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs加治木【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
尚志館vs鹿児島玉龍【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
尚志館vs薩南工【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs出水中央【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第811回 若獅子賞受賞し、来季のドラフトで注目の太田龍(JR東日本)の来季の目標とは 【2018年インタビュー】
第381回 鹿児島実業高等学校 綿屋 樹選手「目指すは打率8割以上!」 【2016年インタビュー】
第219回 福岡ソフトバンクホークス 本多 雄一選手(鹿児島実業高出身) 【2014年インタビュー】
鹿児島実 【高校別データ】
尚志館 【高校別データ】
第26回 MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る