中盤、集中打でコールド勝ち・鹿児島城西


 鹿屋中央は立ち上がり、二死二、三塁から5番・小園幸生(2年)のレフト前タイムリーで2点を先制した。

 3回には4番・金澤諒(2年)の右中間二塁打で2点を加点、序盤で主導権を握ったかに思われた。

 その裏、鹿児島城西は1点を返すと、4回には下位打線で粘ってチャンスを作り、1番・瀬脇怜(1年)のレフト前タイムリー、2番・乗田 元気主将(2年)の犠牲フライ、4番・巻 宗馬(2年)のレフト前タイムリーなどで一挙4点を挙げ、逆転に成功する。

 5回、鹿屋中央が再び1点を勝ち越したが、鹿児島城西は4四死球にエラーも絡み、打者10人2安打で4点を挙げて主導権を奪い返した。6回にも3点をダメ押した。

 7回表、鹿屋中央は5番・小園の犠牲フライで1点を返し、コールド阻止の意地をみせたが、その裏、鹿児島城西は一死二塁から、3番手でマウンドに上がった7番・江口倭斗(2年)がライトオーバー二塁打を放ち、コールド勝ちを決めた。

(文=政 純一郎