注目対決、夏に続いて制す・鹿児島城西


 夏季大会決勝トーナメントでも対戦した両者が2大会続けての対戦となった。

 立ち上がり、鹿児島実が2番・井戸田直也(2年)、3番・城下 拡(2年)の連続二塁打で先制する。

 鹿児島城西は2回裏、9番・鍛冶屋成希(2年)のセンターオーバー二塁打で同点に追いつき、3回は4番・迫田塁(2年)のライト前タイムリー、5番・巻 宗馬(2年)の犠牲フライで2点を勝ち越す。

 5回には5番・巻が2ランを放って点差を広げた。

 6回、鹿児島実は5番・小倉良貴(2年)のセンター前2点タイムリー、代打・永井琳(1年)のセンターオーバー二塁打で3点を返し、1点差に詰め寄った。

 鹿児島城西は8回裏、4連打に押し出しで3点をダメ押し。7回以降リリーフした乗田 元気主将(2年)が鹿児島実打線を無安打に抑え、夏に続き注目の一戦を制した。

(文=政 純一郎