甲斐田が同点2ラン・神村学園

 出水中央は1回裏、無死満塁として併殺の間に1点を先制した。

 2回裏は3四死球で満塁とし、3番・山下智哉(2年)が四球を選び押し出し、無安打で追加点を挙げた。

 2点差を追いかける神村学園は3回表、3番・甲斐田 紘整(2年)がレフトスタンドに大会9号の同点2ランを放った。更にチャンスを広げ、二死二三塁として7番・福田将大(1年)がライトオーバーの2点タイムリー二塁打を放った。この回、長打攻勢で4点を挙げて試合をひっくり返した。

 6、7回にも追加点を挙げた神村学園は、2回以降リリーフした左腕・川井燿(1年)が3回以降は追加点を許さなかった。

(文=政 純一郎