2020年09月24日 鴨池市民球場

鹿児島城西vs指宿・川辺

2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

8回に一矢報いる・指宿・川辺


 鹿児島城西は1回裏、一死から2番・林誠人(2年)がセンターオーバー三塁打で出塁し、3番・板敷政吾(2年)の犠牲フライで先制した。

 2回は1番・乗田元気主将(2年)の二塁打、4回は9番・中塚大賀(2年)の犠牲フライ、5回は4番・巻宗馬(2年)の犠牲フライと代打・大島正太郎(2年)のレフト前タイムリーとそつなく追加点を重ねた。

 6、7回と失点を食い止めた指宿・川辺は8回、無死一三塁とチャンスを作り、1番・柿元駿兵主将(2年)がスクイズを決め、一矢報いる1点を返した。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第147回 九州地区高等学校野球大会 鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る