「惜しい負け」で終わらせないために・徳之島



徳之島3点目のホームイン

 徳之島は2回表、無死満塁から7番・盛太陽(2年)の走者一掃センターオーバー三塁打、9番・豊島凌英(1年)の内野安打で4点を先取する。5回には4番・盛聡志(2年)、5番・東海志(2年)の連続長打で2点を追加し、点差を5点に広げた。

 前半の主導権は徳之島が完全に握っていたが、6回以降は鹿児島情報がジリジリと盛り返す。

 6回裏に2点を返すと、7回表無死二三塁のピンチをしのぎ、その裏、5番・内田大翔(1年)の犠牲フライ、6番・松元仁哉(2年)がセカンド後方に落とす執念の2点タイムリーで同点に追いついた。

 8回も二死満塁と攻め立て、3番・坂口健斗(1年)のレフト前タイムリーで2点を勝ち越した。

 徳之島は9回表、4番・盛聡がレフトスタンドにソロホームランを放ち、1点差まで詰め寄って、なおも二死一二塁と一打逆転のチャンスを作ったが、反撃もここまでだった。

 徳之島は5点のリードを生かせず逆転負け。吉田公一監督は「前半の勢い、最後まであきらめない粘り、選手たちの良さは出せたのに、自分の采配で勝利をアシストしてやれなかった」と敗因を自ら背負った。
 2、5回と持ち味の長打を絡め、リードを奪った。一気に畳みかけてコールド勝ちしておかしくない流れだったが、詳細を振り返れば敗因につながる流れは自分たちで作っていた。

 攻撃面では3回の送りバント失敗、7回のスクイズ失敗で併殺など、点を取るべきチャンスをものにできていなかった。バッテリーもリードしている余裕がなく、守備のリズムを作る投球ができなかった。「ミスがあるとうまく切り替えられない」(吉田蓮主将・2年)弱さを露呈したのが後半だった。

 夏の県大会決勝トーナメント初戦の国分中央戦と同じく1点差の敗戦。「『惜しい負け』で終わらずに勝つ」(吉田監督)ことはこの秋もできなかった。惜敗で終わらせないために、今後どんなことに取り組んでいけばいいかの教訓は敗戦の中にある。吉田主将は「打力をつけ、ここぞというチャンスで打てるようになり、春はベスト8以上に勝ち上がって強豪私学と戦えるようなチームになりたい」と捲土重来を誓っていた。

(文=政 純一郎