2020年09月21日 鴨池市民球場

大島vs武岡台

2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

カギ握る「集続力」・大島



大島円陣

 武岡台は4回表、押し出しで先制する。

 5回は二死一塁で5番・仮屋航平(2年)がライトオーバーの三塁打を放ち2点目を挙げた。

 2点差を追いかける大島はその裏、無死一、二塁から送りバントが悪送球を誘って1点を返すと、3番・川原海弥(2年)のレフト前タイムリーで同点に追いついた。なおも満塁と好機が広がり、6番・元山和昴稲(2年)のショートゴロが本塁悪送球となり2点を勝ち越した。

 6回は二死から好機を作り、5番・瀧文汰(2年)のライトオーバー三塁打、6番・元山のレフト線二塁打で3点をダメ押し。

 武岡台は8回表、満塁から相手のエラーで1点を返しコールド阻止に意地を見せる。

 だがその裏、大島は代打・田尾樹珠紀(2年)のレフト前タイムリー、暴投で7点差となり、コールド勝ちを決めた。

 「このチームのカギは『集続力』。集中を続ける力をつけること」。

 大島・塗木哲哉監督は言う。ミスをして落ち込む。良いプレーで浮かれる…試合では集中が途切れて、今すべきことが見えなくなる場面が多々ある。そういう時こそ「今やるべきこと」に集中できるかどうかが、勝敗を大きく左右する。

 秋の初戦、勝利につながる「集続力」を発揮できたのは6回表の守備の場面だ。5回裏に逆転し、グラウンド整備をはさんで「また初回のつもりで」(安田秀太郎主将・2年)仕切り直したはずが、エラーで無死二塁のピンチを招いた。

 1年生左腕・大野稼頭央と安田主将のバッテリーが考えたのは、次打者をいかに打ち取るか。立て続けにストライクをとり、外角高めの釣り球で狙い通りの3球三振で「球数少なく抑える」ことができた。

 内野安打の出塁を許し一、三塁とピンチは広がったが、安田主将が好送球で二盗を阻止。好プレーに浮かれることなく「次のアウトをとる」ための配球に集中。内角を厳しく突き、ファールフライに打ち取ってピンチを脱した。直後の6回裏、二死から粘ってチャンスを作り追加点を奪って一気に勝機を手繰り寄せた。

 コールド勝ちしたが、振り返れば集中が続かなかった場面は多々ある。序盤は試合に入り切れず、再三の得点機を生かせなかった。終盤、畳みかけるべきところをもう一押しできなかった。守備で守り切れなかった場面もあった。

 「力は過去の先輩たちに負けないものがある」(塗木監督)が、試合経験が少なく、持ち味を生かし切るメンタリティーをいかに実戦の中から身に着けていくか。「勝って反省できる」ことを指揮官は何より大きな収穫に挙げていた。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿屋中央vs大島【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs鹿児島実【鹿児島県 2020鹿児島県夏季高等学校野球大会】
プロ注目右腕・桑原(神村学園)が8回無安打に本塁打!1回戦4試合をレポート【鹿児島】 【ニュース - 高校野球関連】
【鹿児島】エース・桑原の投打の活躍で神村学園が8強!鹿児島商、樟南、れいめいも8強へ<22日の結果> 【ニュース - 高校野球関連】
神村学園vs大島【鹿児島県 2020鹿児島県夏季高等学校野球大会】
鹿児島玉龍vs武岡台【鹿児島県 2020鹿児島県夏季高等学校野球大会】
武岡台vs志學館・鹿児島修学館【鹿児島県 2020鹿児島県夏季高等学校野球大会】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第947回 本命・神村学園、対抗馬・鹿児島城西? 台風の目はどこか?【鹿児島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第850回 神村学園を軸に優勝争いか?鹿児島の春をパートごとに徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第752回 【鹿児島大会総括】伝統校の勝負強さ、健在なり【大会展望・総括コラム】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
大島 【高校別データ】
武岡台 【高校別データ】
第147回 九州地区高等学校野球大会 鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る