打線に切れ目なく、快勝・神村学園

 神村学園は初回、4番・甲斐田 紘整(2年)のタイムリー内野安打で先制する。

 2回裏は打者11人、単打のみ6本を集中し、3番・福寿大智(1年)のセンター前2点タイムリーなどで一挙6点のビッグイニングを作った。

 神村学園の先発・内堀 遼汰(1年)の前に4回まで無得点に抑えられていた錦江湾だったが、5回表に下位打線が粘って一死一、三塁とチャンスを作り、1番・水流園瑠維(1年)の内野ゴロの間に1点を返した。

 その裏、神村学園は4安打を集中。最後は途中出場の3番・西村大地(2年)のレフト前タイムリーで10点差とし、コールド勝ちを決めた。

(文=政 純一郎