「力がついた」ことを実感・鹿児島実

 試合前半と後半で流れが明確には分かれた一戦だった。

 先制したのは鹿児島実。立ち上がり二死二塁から4番・板敷昂太郎(2年)のセンター前タイムリーで幸先よく先手を取った。

 先制された樟南だったが、前半5回までは押し気味に試合を進めていた。先発の右腕・麦生田駿(2年)は5回まで被安打3の好投。打線は5回まで9安打を放ち、同点、逆転のチャンスを再三作っていた。

 だが、そのチャンスを生かせない。4回裏は一死から連打を放つも、二走が捕手・城下 拡主将(2年)からの牽制球でタッチアウト。二死一二塁で2番・尾﨑 空(2年)がレフト前ヒットを放つも、レフト濵田禎勝(2年)のダイレクト返球でホームタッチアウト。

 記録上は4連打しながら無得点に終わった。5回は二死から5番・森亮斗(1年)がライト線二塁打を放つも、鹿児島実野手陣の見事な連携で三塁タッチアウト。拙攻続きでホームが遠かった。

 「潮目」が変わったのはグラウンド整備直後の6回表だ。鹿児島実は一死から3番・城下が出塁すると、4番・板敷が送りバント。5番・小倉良貴(2年)は四球を選び、二死一二塁とする。

 ここで宮下正一監督は代打・井戸田直也(2年)を送った。右肩の故障でスタメンを外れていたが、勝負強さのある井戸田に指揮官は流れを変える役割を託した。

 2ボールとなったところで樟南は先発・麦生田から右腕・鵜狩杏冴(2年)にスイッチする。井戸田は3ボール1ストライクからの5球目を見事にセンター前に弾き返すタイムリーで待望の追加点を得る。

 「あれで流れが変わった」(宮下監督)と鹿児島実打線が息を吹き返す。7回は2番・福﨑浩志郎(2年)、4番・板敷のタイムリーで2点、8回は打者8人で3点、9回にもダメ押し点を挙げた。

 前半苦しい投球が続いたエース大村 真光(2年)だったが、6回以降は3人ずつで抑えた。9回もリリーフした左腕・赤嵜智哉(1年)が三者凡退で打ち取り、後半は攻守に鹿児島実が圧倒した。

 終わってみれば攻守にわたる完勝で鹿児島実がライバル樟南を下し、秋の「前哨戦」を制し、宮下正一監督は「ここまで力がついているとは正直思わなかった」と選手の成長を喜んだ。

 「夏の総決算」として臨んだ新チーム最初の公式戦は約1週間で5試合を戦うハードスケジュール。大会前の練習試合などでは打線が当たらず、不安を抱えていたが、終わってみれば2回戦・鹿児島工戦が1点差の接戦だった以外は大差をつけての快勝だった。

 1年からマスクをかぶる主軸の城下主将やリードオフマンとして打線をけん引した平石匠(2年)らスタメンだけでなく、決勝で流れを変えた井戸田をはじめ、控え選手も代打や守備で貢献するなど選手層の厚さを印象付けた。

 「この秋は頂点を目指す」と宮下監督が頂点奪取に並々ならぬ意気込みを見せるのには理由がある。今のところ秋の県大会は通常通りのトーナメント方式で開催される予定だが、新型コロナの影響で状況がどうなるか、見通せないからだ。

 通常、九州大会は上位2校が出場できるが、感染リスクを抑えるために、優勝校のみしか出場できなかったり、九州大会が開催されず、翌春のセンバツを迎える可能性もある。

 こればかりは誰も予測のできない話だが現場にできるのは目の前の試合に全力を尽くして、結果を残すことだけだ。そのためにも「どんな試合も最後まで油断できない」と勝負にこだわる姿勢を5試合見せられたのが何より「収穫」だった。

(取材=政 純一郎