2020年07月27日 平和リース球場(県立鴨池)

国分中央vs鹿児島玉龍

2020鹿児島県夏季高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

米崎力投!初の決勝へ・国分中央


 決勝進出最後のイスを争う第2試合は公立校同士が1点を争う緊迫した好勝負を繰り広げた。

 先制したのは鹿児島玉龍。2回表、二死一三塁とし、8番・吉盛大将(2年)はショートゴロだったが、悪送球を誘い先制点が入った。

 国分中央は4回裏、先頭の4番・庄村孝人(3年)が右中間をライナーで破る三塁打で出塁。準々決勝・鹿児島城西戦でも勝ち越しタイムリーを放った5番・永井聖也(2年)がセンター前タイムリーを放って同点に追いついた。

 勢いづく国分中央は6回裏、一死からまたも5番・永井が内野安打で出塁。送りバントで二塁まで進み、7番・中村歩夢(3年)がレフト前タイムリーを放って勝ち越しに成功した。

 終盤、鹿児島玉龍は6番・荒川虎太郎(3年)が7、9回にヒットを放つなど気を吐いたが、国分中央のエース米崎真登(3年)の前に打線が沈黙。8回表に一死一三塁と一打同点、逆転のチャンスを作ったが、頼みの主砲・末永悠翔(3年)がファーストゴロ、ホームタッチアウトの併殺で打ち取られ生かせなかった。

 決勝トーナメント初戦からエース米崎の3連続完投勝利で接戦をものにした国分中央が、春夏秋の県大会を通じて初の決勝進出を勝ち取った。

(取材=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
2020年鹿児島県の高校野球を総括!野球が出来る喜び、神村学園から感じる哲学 【ニュース - コラム】
第1021回 「最後は鴨池で」叶わぬ鹿児島球児も真剣勝負の舞台に感謝【大会展望・総括コラム】
尚志館vs鹿児島玉龍【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
神村学園vs国分中央【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
国分中央vs鹿児島情報【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
尚志館vs鹿児島玉龍【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
国分中央vs鹿屋【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
【鹿児島決勝】神村学園が夏・「連覇」! 攻守に国分中央を圧倒! 【ニュース - 高校野球関連】
第1113回 県内でも指折りのプレイヤー・末永悠翔(鹿児島玉龍) 2つの怪我を乗り越えて【後編】 【2020年インタビュー】
第1112回 投打で鹿児島屈指の実力者 末永悠翔が鹿児島玉龍を選んだ理由とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第1回 新時代の幕開けを予感させた鹿児島!2019年の3大高校野球ニュースを発表!【鹿児島の高校野球】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第947回 本命・神村学園、対抗馬・鹿児島城西? 台風の目はどこか?【鹿児島大会展望】【大会展望・総括コラム】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
国分中央 【高校別データ】
2020鹿児島県夏季高等学校野球大会 鹿児島地区 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る