2020年07月25日 鴨池市民球場

鹿児島玉龍vs川内商工

2020鹿児島県夏季高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

真骨頂の「我慢」を発揮・鹿児島玉龍



鹿玉龍2点目・仮屋 タイムリー

 2回裏、川内商工はファーストストライクから果敢に打っていく積極的な攻撃で2つのエラーを誘い、先制した。

 5回裏は7番・川畑遊二郎(3年)が先頭打者ホームランで追加点を挙げた。前半5回までは川内商工のペースで試合が進んだ。

 グラウンド整備後の6回表、鹿児島玉龍が反撃に転じる。
 一死から四球、ヒット、内野ゴロで二死二三塁。4番・永井克幸(3年)が申告敬遠で満塁と一打同点、逆転のチャンスを作る。5番・仮屋慶志朗(2年)がレフト前2点タイムリーで同点、6番・荒川虎太郎(3年)がレフト前タイムリーで勝ち越し、連続タイムリーで逆転に成功した。

 その後、追加点は奪えなかったが、尻上がりに調子を上げたエース末永悠翔(3年)が6回以降追加点を与えず、7~9回は三者凡退で打ち取って接戦をものにした。

 鹿屋中央戦に続く逆転、1点差での勝利。鹿児島玉龍の谷口裕司監督は「我慢の野球がうちの真骨頂。選手たちがよく集中力を発揮してくれた」と選手の健闘をたたえた。

 守備ではエラー、攻撃では走塁ミス、前半5回は攻守のかみ合わない野球だった。

 「後半から野球を変えるぞ!」
 グラウンド整備中に谷口監督が檄を飛ばす。直後の6回表は前半のような淡白な野球ではなく、一死から粘って満塁のチャンスを作り、仮屋、荒川が連続タイムリーで期待に応えた。立ち上がりは力みもあったエース末永も6回以降は「相手の打者を見て冷静な投球」(谷口監督)ができるようになった。

 「ミスはあったけれど我慢はできていたから大丈夫。5点差をひっくり返した自分たちなら逆転できる」とベンチの有嶋瞭主将(3年)は確信していた。昨秋、シード校でありながら同じ公立の枕崎に終盤畳みかけられてコールド負けして以降、日頃の練習から「我慢!」を言い続け「どこよりも質の高い練習」をこなしてきた自負があった。

 一昨夏ベスト16、昨夏ベスト8で、今年は1つ上のベスト4を勝ち取った。更なる高みを目指し、同じ公立の国分中央に真っ向勝負を挑む!

(取材=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
尚志館vs鹿児島玉龍【鹿児島県 第26回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
尚志館vs鹿児島玉龍【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
枕崎vs川内商工【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島玉龍vs頴娃【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
国分中央vs鹿児島玉龍【鹿児島県 2020鹿児島県夏季高等学校野球大会】
3安打完封勝利で樟南がベスト4へ!25日の準々決勝4試合をレポート【鹿児島】 【ニュース - 高校野球関連】
屈辱的な完封負けから八方悠介(鹿児島城西)はどのように初の甲子園を掴んだのか 【ニュース - インタビュー】
第1113回 県内でも指折りのプレイヤー・末永悠翔(鹿児島玉龍) 2つの怪我を乗り越えて【後編】 【2020年インタビュー】
第1112回 投打で鹿児島屈指の実力者 末永悠翔が鹿児島玉龍を選んだ理由とは【前編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第947回 本命・神村学園、対抗馬・鹿児島城西? 台風の目はどこか?【鹿児島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第850回 神村学園を軸に優勝争いか?鹿児島の春をパートごとに徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第36回 鹿児島玉龍(鹿児島)「緊張感ある練習で5度目の夏の甲子園を目指す!」【冬が僕らを強くする2019】
第516回 伝統を受け継ぎ、アップデートを続ける国分中央(後編)【野球部訪問】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
川内商工 【高校別データ】
2020鹿児島県夏季高等学校野球大会 鹿児島地区 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る