「丁寧な投球」で3安打完封・樟南



好投した樟南 2年生左腕・西田恒河

 樟南の2年生左腕・西田 恒河れいめいは德重圭紀、野村竜輝、3年生右腕による継投、両投手陣の好投で1点を争う緊迫した投手戦となった。

 均衡が破れたのは4回裏だった。
 樟南は一死から四球、暴投、四球で一三塁とすると、7番・片野蓮也(3年)の一塁線の打球がエラーを誘い先制する。続く8番・西田はレフトへ犠牲フライ。樟南は無安打で2点を先取した。

 れいめいは西田の好投の前に8回まで2安打、二塁も踏めなかった。9回表、先頭の9番・野村がライト前ヒットで出塁。初めて二塁に進んだが、ものにできなかった。

 樟南の勝因は「西田が丁寧に投げてくれたことで無駄な走者を出さず、守備から良いリズムが作れた」(山之口和也監督)に尽きるだろう。強打のれいめい打線に対して、西田が散発3安打、1四球、三塁を踏ませない好投だった。

 地区大会の鹿児島工戦、決勝トーナメント1回戦の伊集院戦、西田はいずれも完封しているが、毎回のように走者を出す苦しいマウンドが続いていた。「内角の厳しいコースを狙ったボールがうまく決まらず、無駄な走者を出していた」と捕手・神山颯太主将(3年)。配球を外角中心に切り替え、特に変化球を多めに使う丁寧な配球に修正したのが生きた。

 2年生だが「直球でも変化球でもどちらでもストライクがとれ、強気な勝負ができる」(神山主将)西田が投手陣の柱に成長したことで、樟南野球の「核」ができた。

 準決勝の相手は神村学園。昨夏の甲子園経験メンバーを豊富に擁し、実力的には県下トップクラスの強豪で昨秋は練習試合で負けている。神山主将は「きょうのように守備からリズムを作って接戦に持ち込みたい。きょうは打線が西田を援護できなかったので、しっかり打って西田を助けたい」と意気込みを語っていた。

(取材=政 純一郎