2020年07月25日 平和リース球場(県立鴨池)

国分中央vs鹿児島城西

2020鹿児島県夏季高等学校野球大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

ワンチャンスに畳みかけ、粘り勝ち・国分中央

 昨秋県大会3回戦敗退の国分中央、昨秋の九州大会4強でセンバツ出場校の鹿児島城西。初戦で徳之島に勝った後、国分中央・吉松颯太主将(3年)は「このチームの目標は甲子園で1勝」と語った。夏の甲子園はなくなったが、鹿児島城西相手の勝利はチームの掲げた目標に匹敵する金星といっていいだろう。

 国分中央は初回に一死満塁、2回は二死一二塁と鹿児島城西の先発・前野 将輝(3年)の制球難を突いて、得点こそ奪えないもののチャンスを作っていた。

 先制したのは鹿児島城西。4回表一死二塁のチャンスに5番・砂川侑弥(3年)がセンター前タイムリーを放った。

 国分中央は5回裏、二死一三塁として4番・庄村孝人(3年)がライト前タイムリーを放って同点に追いついた。さらに満塁とチャンスは広がり、6番・永井聖也(2年)がレフト前2点タイムリーを放って勝ち越した。更に暴投で1点を加え、計4点を畳みかけた。

 6回以降はリリーフした八方 悠介(3年)の前に追加点を奪えなかったが、この3点差をエース米崎真登(3年)を中心に粘り強く守り抜く。6~8回は毎回先頭打者を出し、9回は一死から連打でピンチを招いたが、米崎が後続を断ち、昨夏に続く4強入りを勝ち取った。

(取材=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
初の甲子園を経験!鹿児島城西が直面する現在の課題とは? 【ニュース - コラム】
第167回 元プロが率いる鹿児島城西(鹿児島)が2度目の甲子園のために直面する課題【野球部訪問】
【選手名鑑】夏秋Vの神村学園の大黒柱・泰 勝利など 2021年鹿児島の逸材をピックアップ! 【ニュース - 高校野球関連】
第1021回 「最後は鴨池で」叶わぬ鹿児島球児も真剣勝負の舞台に感謝【大会展望・総括コラム】
第158回 鹿児島城西の選抜初出場に神村学園の夏・秋連覇。2020年の鹿児島県高校野球3大ニュース!【高校野球コラム】
鹿児島城西vs鹿屋中央【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs鹿児島城西【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
樟南vs川内【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs吹上【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs国分中央【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
鹿児島城西 【高校別データ】
国分中央 【高校別データ】
2020鹿児島県夏季高等学校野球大会 鹿児島地区 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る