2020年07月23日 鴨池市民球場

国分中央vs徳之島

2020鹿児島県夏季高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

「土壇場練習」が生きる・国分中央



国分中央サヨナラ勝ち

 国分中央は初回、5番・庄村孝人(3年)の3ランで先手をとる。

 4回は二死からチャンスを作り、1番・勝本亮太(2年)のレフト線二塁打で追加点を挙げた。5回までは国分中央ペースで試合が進んだ。
 流れが変わったのは6回表。徳之島は先頭打者が出塁し、2番・太良瞭稀主将(3年)が2ストライク追い込まれながらもファールで粘って、変化球に体勢を崩されながらもライト線を抜く三塁打を放って反撃の狼煙を上げた。3番・豊島優真(2年)にもタイムリーが出て2点差とした。

 8回は一死二三塁として代打・盛聡志(2年)がレフト前タイムリーを放って1点差。途中出場の6番・野中結貴(3年)がスクイズを決め、同点に追いついた。
 同点のまま9回裏二死となり、タイブレークによる延長かと思われた流れから、国分中央が粘りを見せる。4番・永井聖也(2年)、5番・庄村が連打でつないで二三塁。力投を続けていた6番のエース米崎真登が初球を迷わず振り抜き、レフト前タイムリーで劇的なサヨナラ勝ちだった。

 「相手も力のあるチーム。こういう展開になるのは想定していた」と国分中央・床次隆志監督は言う。終盤は追い上げられ、劣勢を強いられる展開だったが「日頃からそういう場面を設定して練習したことが生きた」と勝因を語った。

 日頃の練習から実戦で起こりうる場面を細かく想定し、攻撃、守備の練習をメーンで取り組んでいる。特に終盤の厳しい状況設定は「土壇場練習」と呼んで何度も繰り返した練習だった。
 9回、3番・吉松颯太主将(3年)はショートゴロに倒れ、二死となったが「次の4、5番が打ってつないでくれる」と信じることができた。6回以降劣勢に立たされても「ベンチの雰囲気は明るく、いつも通りの野球ができていた」という。「最後は勝って笑っている」姿をイメージできていた。最後は苦しいマウンドを死守し続けた米崎が値千金の決勝タイムリーを放ち、勝利のイメージを現実にした。

 準々決勝の相手は鹿児島城西。「自分たちはずっと甲子園で1勝することを目標にしてきた」と吉松主将。センバツ出場校を相手に勝利するイメージが既に心に描けている。

(取材=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
神村学園vs国分中央【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
国分中央vs鹿児島情報【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
国分中央vs鹿屋【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島情報vs徳之島【鹿児島県 2020年秋の大会 第147回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園vs国分中央【鹿児島県 2020鹿児島県夏季高等学校野球大会】
【鹿児島決勝】神村学園が夏・「連覇」! 攻守に国分中央を圧倒! 【ニュース - 高校野球関連】
【鹿児島】国分中央、初の決勝へ! 神村学園はコールド勝ち<27日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
第22回 徳之島(鹿児島県)「闘牛打線」の本領発揮へ【冬が僕らを強くする2020】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第1回 新時代の幕開けを予感させた鹿児島!2019年の3大高校野球ニュースを発表!【鹿児島の高校野球】
第947回 本命・神村学園、対抗馬・鹿児島城西? 台風の目はどこか?【鹿児島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第850回 神村学園を軸に優勝争いか?鹿児島の春をパートごとに徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
国分中央 【高校別データ】
徳之島 【高校別データ】
2020鹿児島県夏季高等学校野球大会 鹿児島地区 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る