5連打で5得点・樟南

 樟南は3回裏、連続四球を足掛かりに5連打を放って打者一巡で5点を奪った。

 満塁から3番・原田隆太郎(3年)のタイムリーで先制し、4番・麻生大雅(3年)がセンター前に2点タイムリーで続いた。さらにヒットが続いて、6番・坂本悠太朗(3年)にもレフト前2点タイムリーが飛び出した。

 伊集院は初回から4回まで、毎回得点圏に走者を進めるも、樟南の左腕・西田 恒河(2年)の前にあと1本が出ない。

 7回表二死一三塁のピンチをしのぐと、4回以降、追加点を奪えなかった樟南打線が再び火を噴く。

 4番・麻生がレフトオーバー二塁打で口火を切り、満塁とすると、7番・片野蓮也(3年)がレフトオーバー二塁打を放ち、7点差としてコールド勝ちを決めた。

(取材=政 純一郎