「一番やってはいけない野球」鹿児島実



点数を奪う鹿児島実

 鹿児島実は3回、3番・城下 拡(1年)、4番・坂本大心(2年)の連続タイムリーで2点を先取する。

 6回表には8番・平廉太(2年)のレフト前タイムリーで3点目を挙げた。

 5回まで2安打に抑えられていた鹿屋中央だったが、その裏、先頭の3番・上宮田壮(2年)がレフトオーバー二塁打で出塁すると、連続四球で満塁となる。7番・馬込和輝(2年)が一ゴロで併殺と思いきやバックホームの返球がそれて2者生還。8番・置鮎 久史(2年)がライト前2点タイムリーで続き、逆転に成功。更に、2番・宮里誠也(1年)のライト前ヒットでバックホームのボールがエラーとなり、5点目が入った。

 一気に劣勢となった鹿児島実だったが7回に4番・坂本のセンター前タイムリーで1点差に食らいつく。8回は9番・原口萌生主将(2年)がスクイズを決めて同点に追いつき、2番・小堺佑誠(2年)、3番・城下の連続長打で再び勝ち越した。7回以降はエース加島優太(2年)を中心に粘り強く守り、辛くも勝利をものにした。

 鹿屋中央とのシード対決を制した鹿児島実だったが、宮下正一監督の表情は険しい。

 「一番やってはいけない野球をやってしまった」と6回裏の守備をいの一番に反省点に挙げた。
 3点リードで迎えた6回裏。5回まで2安打に抑えていたエース加島が先頭打者に二塁打を浴び、バントで三塁まで送られた後、1球もストライクが入らず、2者連続四球で満塁のピンチを招く。

 表に自らのバットをきっかけに3点目を挙げたが「リードしたことで、気持ちと身体に緩みが出てしまった」と加島。この後、3つのエラーが続いて5点を失う「魔の6回」(宮下監督)にしてしまった。

 7回以降打線が奮起し、逆転に成功。加島も7回以降は追加点を許さず、守備もきっちり守り切って2季連続の九州大会はつかんだが、「新人戦らしい、ミスの多い試合になった」(宮下監督)。

 「後半、疲れてきた時こそ、しっかりフォームを意識して投げるようにしたい」と加島。左腕・森重温季(2年)との「継投も考えた」宮下監督だったが、エースの自覚を促すためにも加島と心中するつもりでマウンドを託した。負けはしなかったが「まだまだエースにふさわしい迫力とは言い難い」と指揮官はあえて辛口評価を下す。鹿児島城西との決勝戦。先発がどちらになるか、興味深いところだが、加島は「自分が投げたい」とこだわりをみせていた。

(文=政 純一郎