2019年09月29日 平和リース球場(県立鴨池)

徳之島 vs開陽・加世田常潤・川辺・垂水・特別支援・山川

2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

点を取りにいく姿勢・徳之島



豊島優真(徳之島)

 徳之島は初回、先頭から3連打で先制。更に二死二三塁と好機が続き、6番・幸山響(2年)のセンター前2点タイムリーで計3点を先取した。

 2回は一死から出塁した1番・太良瞭希主将(2年)が送りバント悪送球で一気に本塁を陥れた。

 4回は四球で出た走者を長打、適時打で返す理想的な攻撃で畳みかけ、一挙6点のビッグイニングを作った。

 先発の左腕・豊島優真(1年)は4回まで相手打線を無安打に抑えた。

 6校連合は5回表、連続四球、盗塁、暴投で無死二三塁と初めて三塁に走者を進め、代打・上松翔太(2年)がレフト前タイムリーを放って1点を返した。最後は一死二三塁からのライトフライで、三走が得点を狙ったが、ライトに回っていた豊山が好返球で刺し、コールド勝ちを決めた。

 初戦から2戦連続で合同チームが相手だった徳之島は、ただ今9イニング連続得点中。1度もスコアボードに0がつかず、2試合連続5回コールド勝ちと圧倒したが、吉田公一監督は「点を取りにいく姿勢が足りない!」とナインに厳しく檄を飛ばした。

 初回、先頭から3連打であっさり先制したが「いつか打てるだろう」「誰かが点を取ってくれるだろう」と消極的な打撃が目立ち、畳みかけ切れなかった。

 緩みかけた打線を引き締めたのが、1番・太良瞭希主将(2年)だった。初戦は力んでリードオフマンの仕事ができなかった分「自分が打って、走って、チームに勇気を与えるプレー」をしたいと考えていた。

 初回は先頭打者で出塁し、二盗を決め、先制のホームも踏んでいる。二回は一死から出塁。2番・中村光寿(2年)の送りバントが悪送球となる間に二塁、三塁を回って一気に生還し4点目のホームを踏んだ。

 「スキがあったら先の塁を狙うのは普段の練習からやっていること」と太良主将。果敢な走塁がチームを勇気づけ、4回は大量6点のビッグイニングを作った。

 3回戦は8月の地区大会決勝で敗れた大島と対戦する。地区大会では先制しながら、自分たちのミスで逆転を許し、最後は突き放された。「あの敗戦からみんなでミーティングを続け、まずは『大高に勝つ』ことを目標に意識高く練習に取り組んできた」と太良主将は言う。早くもやってきた雪辱の好機に「今度は何が何でも勝つ!」と燃えていた。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第145回 九州地区高等学校野球大会 鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る