2019年09月29日 平和リース球場(県立鴨池)

池田vs加治木

2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

エース三嶽、2試合連続の完封劇・池田

 初戦の出水工戦であわやノーヒットノーランの1安打完封を演じたエース三嶽空(2年)を擁する池田とシード加治木の対戦は2回戦屈指の注目カードだった。

 1、2回と走者を得点圏まで進めた加治木が立ち上がりは押し気味に試合を進めていたが得点が奪えず。

 池田は3回裏、一死から出塁した走者を手堅くバントで送り、2番・礒脇琉人(2年)がレフト前タイムリーを放って先制した。

 4回には先頭の4番・湯地定季(2年)が右中間を破る三塁打を放ち、5番・森楓汰(1年)の犠牲フライで2点目を挙げた。

 6回は4番・湯地のレフト線二塁打、6番・有馬康平(1年)のタイムリー内野安打で2点をダメ押した。

 三嶽は7回まで毎回走者を出し、8安打打たれるも、要所で踏ん張り得点を許さない。8、9回は三者凡退に打ち取って、2試合連続完封勝利でシード加治木を寄り切った。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
PL学園、大阪桐蔭、報徳学園など擁する近畿地区が最多26回優勝!各地区の優勝回数を振り返る 【ニュース - 高校野球関連】
昭和の高校野球で一時代を形成した“やまびこ打線”の破壊力 池田高校の歴史を振り返る 【ニュース - コラム】
第2回 昭和~平成を彩った公立校 池田高校 明らかに昭和の高校野球で一時代を形成した“やまびこ打線”の破壊力【公立校特集】
第60回 選手11人・部員15人で秋季四国大会に出場 川島(徳島)の「ONE TEAM」【四国発】
神村学園vs加治木工【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿屋中央vs池田【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs加治木工【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
加治木工vs出水【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
池田vs錦江湾【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第934回 第1シード・富岡西、悲願の夏初甲子園か? 徳島商、徳島北、池田らが激しく迫る【徳島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第38回 最速140キロの剛腕・白川恵翔(池田)センバツ出場校との対戦を力に変えて【四国発】
第850回 神村学園を軸に優勝争いか?鹿児島の春をパートごとに徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
池田 【高校別データ】
加治木 【高校別データ】
第145回 九州地区高等学校野球大会 鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る