ミスを逃さず加点・屋久島

 屋久島は2回表、先頭の4番・黒飛 海太(2年)がセンターオーバー二塁打で出塁。三盗を試みると、悪送球を誘って先制のホームを踏んだ。
 4回表は一死一二塁から送りバントが相手の一塁悪送球になり、2点目を挙げた。

 その裏、吹上も相手のエラーで1点を返す。
 直後の5回表、屋久島は一死二塁から4番・黒飛のセンター前タイムリーで3点目。中継が乱れる間に黒飛は判断良く三塁を陥れる。7番・川東李駆(2年)のレフト前タイムリーでダメ押した。

 中盤以降は吹上が毎回走者を出して押し気味に試合を進め、7回は相手のエラーで1点を返し2点差に詰め寄ったが、屋久島のエース渡邊楽生(2年)が踏ん張り、2点差を守り切った。

(文=政 純一郎