2019年09月23日 平和リース球場(県立鴨池)

鹿児島城西vsれいめい

2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

勝負どころの「思い切り」に差・鹿児島城西



先発・八方悠介

 れいめい鹿児島城西。県大会の終盤、準々決勝以降で見たい強豪私学同士の1回戦屈指の好カードである。その前評判通り、両者とも攻守にまとまり、新人戦の開幕戦らしからぬ緊迫した好ゲームだった。

 鹿児島城西は2回裏、二死一三塁から2番・板敷政吾(1年)のレフト線タイムリー二塁打で先制。続く3番・池山聖悟(2年)もライト前タイムリーで続き、2点を先取した。
 3回以降はれいめいのエース野村竜輝(2年)を攻略できず、追加点が奪えなかったが、先発した右腕エース八方 悠介(2年)が8安打されながらも要所を締めて、れいめい打線に本塁を踏ませなかった。

 ヒット数はどちらも同じ8本。エラーはない。内外野の好守で相手のチャンスの芽を摘んだシーンは両チームにあった。立ち上がりはピンチを招き失点したエース野村も、3回以降は追加点を許す気配を見せず、鹿児島城西の八方に勝るとも劣らない好投だった。

 力的に互角の内容だった中で、それでも勝負を分けたのは「勝負所での思い切りの差だった」とれいめい湯田太監督は悔しがる。

 序盤からアクセル全開で飛ばす八方に対し、れいめい打線も初球から思い切って打っていくことを攻略のカギにしていた。2-4回、8、9回と5度も先頭打者がヒットで出塁し、7回には一死から三塁打と9イニング中6回は走者を出し、得点できるチャンスはむしろ相手より多かった。送りバント失敗や9回の走塁ミスなどのミスもあったが、得点できなかったのは一番の原因は「ここぞという場面で積極的にいけなかった」(湯田監督)。相手の板敷が放った先制二塁打は初球だった。「良い試合、良い勝負をしても初戦敗退が現実。これをしっかり受け止めてまた鍛え直します」(湯田監督)。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
高卒社会人投手のドラ1・河野竜生は1年目から結果を残せるか? 【ニュース - 高校野球関連】
選抜出場候補131校決まる 【ニュース - 高校野球関連】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第4回 劇的な勝利に沸いた2試合 鹿児島ベストゲーム2019【鹿児島の高校野球】
第1回 新時代の幕開けを予感させた鹿児島!2019年の3大高校野球ニュースを発表!【鹿児島の高校野球】
れいめいvs薩南工【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿屋中央vsれいめい【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs鹿児島城西【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿児島城西vs枕崎【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第969回 神村学園軸に優勝争い? レベルの高い上位争いに期待【秋季鹿児島県大会 展望】【大会展望・総括コラム】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
第811回 若獅子賞受賞し、来季のドラフトで注目の太田龍(JR東日本)の来季の目標とは 【2018年インタビュー】
第689回 鹿児島の快速左腕・松江優作(れいめい)!昨夏から球速5キロアップを実現したトレーニングとは? 【2018年インタビュー】
第407回 れいめい高等学校 太田 龍投手【後編】「無冠の大器、夏への決心」 【2016年インタビュー】
第406回 れいめい高等学校 太田 龍投手【前編】「勝つ喜びを知っているから…」 【2016年インタビュー】
鹿児島城西 【高校別データ】
れいめい 【高校別データ】
第145回 九州地区高等学校野球大会 鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る