2019年07月16日 平和リース球場(県立鴨池)

松陽vs喜界

2019年夏の大会 第101回選手権鹿児島大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

痛恨の3回裏・喜界島

 先制された直後の1回裏、松陽は一死満塁から5番・内田大翔(2年)の走者一掃のライトオーバー三塁打などで4点を返し逆転に成功した。
 3回表、喜界は一死一二塁から3番・廣太樹(3年)のセンター前タイムリー、4番・三幸大弥(3年)のレフト前タイムリーで1点差とし、6番・盛崎仁(1年)の犠牲フライで同点に追いついた。

 その裏、松陽は2番・奥濱聖大(2年)のレフトオーバー二塁打、4番・川原涼介(3年)のセンター前タイムリーで再び勝ち越すと、バントや足を積極的に絡めて揺さぶり、打者15人で大量11点のビッグイニングを作った。
 喜界は4回表に5点を返すも、その裏松陽も5点を取り返す。最後は松陽のエース川原が三者凡退で打ち取り、激しい点の取り合いを制した。

 喜界にとっては痛恨の3回裏だった。
 表に同点に追いつき、再び1点を勝ち越され、なお無死満塁の場面。7番・室屋裕太主将(3年)が二遊間に打球を放つ。「ワンバウンドで捕球した」つもりだったショート・生田大輔主将(3年)はバックホーム。本塁フォースアウトが成立したと思われたが、審判はライナーをノーバウンドで捕球したと判定。三走の生還で犠飛が成立し、一死一三塁から試合を再開するとの説明があった。

 であれば、三走や三塁に進んだ二走の離塁が早かったとアピールアウトが狙えたが、アピールしないまま試合再開。しばし試合が中断した間、生田主将は「どんな判定にも対応しなければならない」と気持ちを切り替えていたが、果敢にバントや足を絡めて揺さぶる相手の攻撃に対応しきれず、失点が相次ぎ、この回計11点を失った。

 1年生の入部でようやく単独出場が叶い、実戦経験もほとんどないままで迎えた夏。「どんな展開になってもおかしくない」と覚悟はしていた松元修監督だったが「重い流れになってしまった。冷静になってアピールアウトをさせるべきだった」と悔しがった。

 それでも喜界ナインは勝負をあきらめず、持ち味の「思い切りの良い打撃」(生田主将)で5点を返した。結果的には5回コールド、試合時間1時間40分で終わった夏は「悔しい」。だが「3年間トータルで振り返れば、喜界で野球をやれて楽しかった」と生田主将。人数がなかなかそろわず、苦しい思いもたくさん重ねてきたが「みんなで乗り越えてここまでやってこれた」ことだけは胸を張って言えた。

(文=政 純一郎

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会鹿児島大会
■開催期間:2019年7月6~7月23日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会鹿児島大会】
■展望コラム【出場70チーム、組み合わせ決まる!神村学園、鹿児島城西などを軸に優勝争い?】
■各ブロックの見どころ【本命・神村学園、対抗馬・鹿児島城西? 台風の目はどこか?】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿屋中央vs松陽【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
神村学園がワンチャンスに畳みかける!二回戦6試合を徹底レポート!【秋季鹿児島県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
出水、延長10回サヨナラ勝ち! 錦江湾は完封勝利【秋季鹿児島県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
松陽vs伊集院【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
出水vs古仁屋・喜界・与論【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
松陽vs川薩清修館【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
横浜平沼vs松陽【神奈川県 2019年秋季神奈川県大会 地区予選】
第722回 「4強」軸に本命なき混戦模様 !カギ握る「勢い」と「確かな力」【大会展望・総括コラム】
第47回 清宮幸太郎と万波中正の違いとは?超高校級プレーヤーを徹底比較!【夏の大会特集2016】
喜界 【高校別データ】
松陽 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 鹿児島大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る