9回に打線爆発!・尚志館



尚志館のエース・福重圭誇

 立ち上がり、尚志館は5四球、4暴投と相手バッテリーのミスを突き、3番・是枝丈一郎(3年)、6番・平安山亜門(3年)の犠牲フライなど、無安打で4点を先制した。

 樟南もその裏、押し出しで1点を返したが、2回表、尚志館は今大会好調の3番・是枝のライト前タイムリーで再び4点差とした。

 3回以降は尚志館・福重圭誇(3年)、樟南・江口泰史(3年)、両エースが立ち直り、6回まで両者追加点が奪えなかった。

 試合が動いたのは7回裏。樟南は相手のエラーと4番・小手川誠弥(3年)のレフト前タイムリーで2点を返し、2点差に詰め寄った。
 尚志館は8回まで拙攻が続き、流れは樟南に傾きかけたかに思われたが9回表に目覚める。

 一死一三塁で4番・窪田翔太(3年)のレフトオーバー二塁打で待望の追加点を得ると、5番・福重、6番・平安山、8番・住吉凱(3年)にもタイムリーが出て、打者一巡で計5点を加点。その裏の樟南の反撃を無失点で切り抜け、初のNHK旗決勝に勝ち進んだ。

(文=政 純一郎