攻守かみ合い快勝・尚志館



尚志館・福重圭誇

 攻守がかみ合った尚志館が快勝だった。

 3回表、一死満塁のチャンスで3番・是枝丈一郎(3年)が犠牲フライで先制。続く4番・窪田翔太(3年)はセンター前に落ちる2点タイムリーで計3点を先取した。

 6回表も4番・窪田のセンター前ヒットが足掛かりとなり、6番・平安山亜門(3年)の犠牲フライで追加点。8回表は二死から4番・窪田がライトオーバー三塁打で出塁し、5番・福重圭誇(3年)のタイムリーで5点目を挙げた。勢いづいた打線は9回も3番・是枝の2点タイムリー二塁打などで一挙4点をダメ押した。

 先発のエース福重は高低左右のコースを丁寧に突く投球で強打の大島打線を翻弄。散発3安打で完封した。

(文=政 純一郎