2019年05月25日 鴨池市民球場

鹿児島玉龍vs奄美

2019年 第61回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

課題は「立ち上がり」と「決定力」・奄美



玉龍・原口

 立ち上がり、鹿児島玉龍は一死一三塁と先制チャンスを作ると、4番・永井克幸(2年)、5番・原口淳希(3年)が連続三塁打を放ち、3点を先制。更には相手のエラーで4点目を挙げた。

 2回以降は鹿児島玉龍・原口、奄美・川畑寿人(2年)、両先発右腕を中心に両者粘りの守りで得点を許さなかった。

 中盤、毎回先頭打者を出しながら追加点が奪えなかった鹿児島玉龍は7回表、一死満塁で6番・山下昇真(2年)の犠牲フライで待望の追加点を得ると、8回には1番・末永悠翔(2年)のライト前タイムリーなどで更に2点を加えた。

 原口は7回まで完封。8回裏は2番手の左腕・福慎太郎(3年)が抑え、完封リレーでコールド勝ちした。

 奄美にとっての5年ぶりのNHK旗は「立ち上がりの不安定さと決定力不足」(下池大哉監督)の課題を突き付けられた苦い敗戦となった。

 立ち上がり、2年生エース川畑は2四死球で一死一三塁のピンチを招き、連続長打で3点を失う。更には内野のエラーで4点目を与えた。「いつもの立ち上がりの不安定さが出てしまった」と川畑は悔しがる。

 だが2回以降は「気持ちを切り替えて、周りを信じて投げる」意気込みで立ち直る。3回は相手の4番・永井克を外のスライダーで見逃し三振、6番・山下昇は、内角を攻めて外の直球で見逃し三振と見事な投球術を披露した。4―6回はいずれも先頭打者を出しながら、6回は併殺を決めるなど、無失点で切り抜けた。

 守備でリズムを作れば攻撃に流れが来る。5、6回とようやく得点圏に走者を送り、流れを引き寄せかけたが、いずれもあと一本が出ず。攻撃面で「決め切る力」(下池監督)を出し切れず、終盤失点し無念のコールド負けだった。

 力投及ばず敗れた川畑は「夏までには初回からしっかり投げられる投手になる」と成長を誓っていた。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
樟南と尚志館がベスト4進出!大会5日目2試合を徹底レポート!【NHK旗鹿児島県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
樟南、シード鹿児島実に競り勝つ!【NHK旗鹿児島県大会・29日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
尚志館vs鹿児島玉龍【鹿児島県 2019年 第61回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
鹿児島玉龍vs武岡台【鹿児島県 2019年 第61回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会】
鹿屋中央vs奄美【鹿児島県 第144回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿屋vs鹿児島玉龍【鹿児島県 第144回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
奄美vs出水【鹿児島県 第144回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第850回 神村学園を軸に優勝争いか?鹿児島の春をパートごとに徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第36回 鹿児島玉龍(鹿児島)「緊張感ある練習で5度目の夏の甲子園を目指す!」【冬が僕らを強くする2019】
第516回 伝統を受け継ぎ、アップデートを続ける国分中央(後編)【野球部訪問】
第515回 部員3人から県大会ベスト4!チームを支える3つのモットー!国分中央(前編)【野球部訪問】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
奄美 【高校別データ】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
第61回 NHK旗争奪 鹿児島県選抜高校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る