2019年04月04日 平和リース球場

鹿児島実vs鹿児島商

第144回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

復活の「伝統の一戦」に快勝!・鹿児島実



鹿児島実の1点目のホームイン

 鹿児島実鹿児島商。ともに鹿児島球界の盟主の実績がある古豪である。特に鹿児島商は戦前から鹿児島をリードしてきた老舗だが、近年は低迷が続き、甲子園は07年センバツを最後に遠ざかっており、近年は県大会8強にも勝ち残れない時期が続いた。

 鹿児島実鹿児島商が県大会で対戦するのは10年秋の決勝戦以来、8年半ぶりとなる。スタンドは平日にもかかわらず、年配のオールドファンや春休みの野球少年らが大勢足を運んでいた。

 先制したのは鹿児島実。立ち上がり二死一二塁とすると、5番・叶朋大(3年)のライト前タイムリーで先制した。

 3回には無死満塁から併殺間と暴投で2点を追加。5回には4番・吉木涼晴(3年)のセンター前タイムリーと好機をものにしてジリジリと点差を広げた。

 7回にも4番・吉木がライトオーバー2点タイムリー二塁打を放つなど打線がつながり、打者10人で4点のビッグイニングを作った。

 先発の左腕エース・福留大志(3年)は鹿児島商打線に長打を許さず、7回一死まで被安打4と好投。松元空蒼(3年)がリリーフして付け入るスキを与えなかった。

 準々決勝まで4試合連続逆転勝ちしてきた鹿児島商だったが、鹿児島実の前に三塁を踏めず、攻守に精彩を欠いた。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
「木佐貫は高校から良いライバル」通算142勝をマークした杉内 俊哉の高校時代 【ニュース - インタビュー】
「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 初の甲子園出場となる鹿児島城西に迫る! 【ニュース - コラム】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第4回 劇的な勝利に沸いた2試合 鹿児島ベストゲーム2019【鹿児島の高校野球】
第1回 新時代の幕開けを予感させた鹿児島!2019年の3大高校野球ニュースを発表!【鹿児島の高校野球】
鹿児島実vs神村学園【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs川内【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿屋中央vs鹿児島商【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs国分中央【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs鹿児島城西【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第985回 ウィークポイントのある選手からチームの中心選手に成長!福重 圭誇(尚志館)【前編】 【2019年インタビュー】
第811回 若獅子賞受賞し、来季のドラフトで注目の太田龍(JR東日本)の来季の目標とは 【2018年インタビュー】
第381回 鹿児島実業高等学校 綿屋 樹選手「目指すは打率8割以上!」 【2016年インタビュー】
第219回 福岡ソフトバンクホークス 本多 雄一選手(鹿児島実業高出身) 【2014年インタビュー】
鹿児島商 【高校別データ】
鹿児島実 【高校別データ】
第144回九州地区高等学校野球大会 鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

鹿児島商鹿児島伝統の試合がん 2019.04.04
古豪復活。勝利して決勝戦を楽しみにしています。
鹿児島商名門試合ますみん 2019.04.02
やったあ、古豪復活の兆し。待ち待った名門対決。お互い歴史を振り返り、最高の試合をしてほしい。

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る