5番・前薗が決勝タイムリー・曽於


 5回まで両者無得点でテンポ良く試合が進んだ。

 均衡が破れたのはグラウンド整備後の6回だった。表の攻撃を三者凡退でしのいだ曽於はその裏、一死三塁で4番・外山雄大(3年)のレフト前タイムリーで先制する。

 更に連打を浴びせてチャンスを広げ、9番・永山響己(3年)が満塁から走者一掃のセンターオーバー二塁打を放つなど、計5点を先取した。

 7回裏、相手の2つのエラーで6点目を挙げた曽於は、二死三塁から5番・前薗聖弥(3年)がセンター前タイムリーを放ち、コールド勝ちを決めた。

(文=政 純一郎