2018年09月24日 姶良総合運動公園野球場

錦江湾vs4校連合

2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

中軸がけん引・錦江湾

 

  立ち上がり、錦江湾は二死から3番・中島優大(2年)がセンターオーバー三塁打で出塁。4番・松元優太(2年)が左中間三塁打を放って先制した。

 2回には8番・山下慶悟(2年)がスクイズを決める。

 3回は二死から再び3番・中島、4番・松元の連打で3点目をもぎ取った。

 その裏、連合チームは二死二塁から2番・曽木大成(1年)がレフトオーバー三塁打を放って1点を返す。

 6回表、錦江湾は先頭の4番・松元がライトオーバー三塁打で出塁。5番・渡邉龍一(2年)がセンターオーバー二塁打を放って4点目。7回は3番・中島が犠牲フライで5点目と中軸3が5打点を挙げる活躍でけん引し、錦江湾が接戦をものにした。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第143回 九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る