2018年03月30日 姶良総合運動公園野球場

鹿屋中央vs古仁屋

第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

「たら」「れば」に秘める可能性・古仁屋



鹿屋中央・得点シーン
 

 立ち上がり、古仁屋は4番・恵栄光(3年)の犠牲フライで先制点を挙げた。
 その裏、鹿屋中央は1番・篠田 大聖(3年)がセンターオーバーのランニングホームランで同点に追いつく。 3回、鹿屋中央は無死満塁と攻め立て、4番・中俣聖也(3年)のレフト前タイムリーで2点を勝ち越し。レフトが後逸する間に一走も生還した。5番・松田修吏(3年)にもライト前タイムリーが出て、4点差とした。4、5回と集中打を浴びせて、点差を広げた。

 9人チーム古仁屋は「勝つつもり」(鳥丸大輔監督)でシード鹿屋中央に挑んだ。結果は1対9で7回コールド負け。彼我の実績、実力差を考えれば「善戦」といえるが、ナインは誰一人満足していなかった。「『あそこで捕ってくれたら…』『打っていれば…』とつい『たら』『れば』を考えてしまう」と指揮官は正直な心境を語った。

 外野をあらかじめ後ろに下げたのは、強打の鹿屋中央に対して「ワンヒット、前に落ちるポテンヒットはOK」で長打を打たせないためだった。幸先良く先制したその裏、先頭の篠田の打球はセンター・徳田竜希(3年)が追いついたかに思われたが、届かずランニングホームランになった。3、5回の失点には四球、エラーが絡んでいる。打撃では4回に下位打線が粘って満塁の好機を作ったが、あと一本が出なかった。

 頭の上を越されたり、間を抜かれたのは仕方がなくても「四球やエラーは防げるミス」だと永井辰平主将(3年)は自覚している。ミスを減らし「あと一本が出る」力をどう身に着けるか、夏への明確な課題が見つかった。

 強豪私学と7回まで渡り合って自信になった部分もあった。捕手・森田淳之介(2年)は長打を警戒し、なかなか思い切ったリードができなかったが、6回は積極的に内角を突いて三者凡退に打ち取ることができた。「このクラスの打者でも抑えることができたのは自信になった」という。
この試合の失点を減らし、得点を増やすためにどうすればよかったか。それを考えることが夏への道標になる。勝負に「たら」「れば」はないが「それを考えてしまうところに選手たちの可能性を感じる」と鳥丸監督の表情は明るかった。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
名門、公立勢の巻き返しに注目!群雄割拠の2020年の鹿児島県高校野球を占う 【ニュース - コラム】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
『変』革の年となった鹿児島の高校野球 2019年の鹿児島の高校野球を漢字1文字で振り返る 【ニュース - コラム】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第1回 新時代の幕開けを予感させた鹿児島!2019年の3大高校野球ニュースを発表!【鹿児島の高校野球】
神村学園vs鹿屋中央【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿屋中央vs鹿児島商【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿屋中央vsれいめい【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs鹿屋中央【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
鹿屋中央vs池田【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第947回 本命・神村学園、対抗馬・鹿児島城西? 台風の目はどこか?【鹿児島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第850回 神村学園を軸に優勝争いか?鹿児島の春をパートごとに徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
第9回 第96回全国高校野球選手権大会 1・2回戦展望 【2014年選手権大会】
鹿屋中央 【高校別データ】
古仁屋 【高校別データ】
第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る