2018年03月23日 鴨池市民球場

鹿児島玉龍vs武岡台

第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

きっちりやり切る!・鹿児島玉龍


先制点の鹿児島玉龍

  鹿児島市内の強豪校同士の対戦は1点を争う緊迫した展開だった。
 2回、鹿児島玉龍は一死一三塁の併殺崩れで先制点を挙げた。

 武岡台は3回、二死二塁から4番・下別府 昂希(2年)がライト前ヒットを放つも、好返球で本塁タッチアウト。5、6回と走者を出すも併殺で生かせなかった。

 鹿児島玉龍は8回一死二塁と追加点のチャンスに3番・坂上健斗(3年)のレフト前タイムリーで待望の追加点を挙げた。投げては先発の2年生右腕・東瀬戸優太が再三走者を出すも粘り強く投げ続け、本塁を踏ませなかった。

 派手な長打で打ち勝ったり、剛球でねじ伏せるような場面はなかった。「見ている人には面白くない試合だったかもしれませんが…」と鹿児島玉龍・谷口裕司監督は苦笑したが「地味なことを最後まできっちりやり切ってくれた。自信になる勝ち方ができた」と喜んだ。

 武岡台のエース宮田 悠希(3年)は2年前の秋4強入りした原動力になった好投手だが、昨秋は腰痛のためベンチ入りもできなかった。春初戦のマウンドは、けん制で刺したり、フィールディングで先の塁でアウトを取るなど、復活を期す躍動感があった。「球数を投げさせて、後半勝負」(山下 大輝主将・3年)を攻略のポイントに考えていた鹿児島玉龍打線は、右打者がボックスの前に立ち、後ろ脚を引いて内角を投げにくくさせるなど工夫を凝らした。3回以降、なかなか攻略はできなかったが、8回に3安打を集中して待望の追加点を奪った。

 守備では東瀬戸―黒田輝の2年生バッテリーを中心に粘り強くアウトを重ねた。8回表、先頭打者の当たりはボテボテのショートゴロ。ショート坂上の体勢を崩しながらの送球は難しいワンバウンドになったが、一塁手・山下大が身体を伸ばしてうまく処理した。昨秋は初戦敗退で「自分たちから崩れてしまう」(谷口監督)のが課題だったが「僕たちにうまい選手はいない。泥臭く粘り強いプレーを1つ1つ積み重ねていく野球を冬場にやってきた」(山下大主将)ことを春初戦でやり切ることができた。

(文=政 純一郎

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
鹿児島実vs神村学園【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs川内【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿屋中央vs鹿児島商【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs国分中央【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
川内vs鹿児島情報【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島高校を引っ張る奥翔太と鶴田康太は成長を止めない! 【ニュース - インタビュー】
第1032回 手応えを感じた高知遠征、成長を止めない鹿児島高校の2人 奥翔太 鶴田康太 【2019年インタビュー】
第618回 選手第一主義・変化をするために自分で考えさせる!鹿児島高校(鹿児島)【後編】【野球部訪問】
第617回 敢えて高い目標から始まった新チーム・鹿児島高校(鹿児島)【前編】【野球部訪問】
枕崎、シード鹿児島玉龍にコールド勝ち!!【秋季鹿児島県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
第4回 神村学園高等部(鹿児島)【2年ぶり5回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第947回 本命・神村学園、対抗馬・鹿児島城西? 台風の目はどこか?【鹿児島大会展望】【大会展望・総括コラム】
第850回 神村学園を軸に優勝争いか?鹿児島の春をパートごとに徹底解剖!【大会展望・総括コラム】
第730回 スピードよりも、制球とキレ 「甲子園に行くことしか考えていない」松本晴(樟南) 【2018年インタビュー】
鹿児島玉龍 【高校別データ】
武岡台 【高校別データ】
第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る