2017年10月02日 鴨池市民球場

鹿児島商vs徳之島

2017年秋の大会 第141回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

エース横谷が力投・鹿児島商



勝利・横谷(鹿児島商)

 徳之島は初回、二死二塁から4番・廣 龍穂(2年)のセンターオーバー三塁打、5番・福田 弦太(1年)のライト前タイムリーで2点を先取する。

 その裏、鹿児島商は二死三塁から4番・桑原 悠成(2年)のセンター前タイムリーを皮切りに6番・廣田 昂大(2年)のレフト線二塁打で逆転に成功。1番・立和名 雄斗(2年)は中越え二塁打を放つ。気がつけば7連打で6点を奪い、大きく主導権を手繰り寄せた。

 2回からは鹿児島商・横谷 蒼(2年)、1回途中からリリーフした徳之島・仁礼 尚人(2年)、両エースの好投で両者追加点が奪えないまま終盤を迎える。

 徳之島は8回、6番・米谷 竜輝(1年)がソロホームラン、1番・盛勝紀(2年)のレフト前タイムリーで2点差とした。

 9回も二死から連打で粘ったが、エース横谷が踏ん張り、2点差で逃げ切った。

 鹿児島商としては2012年春に準優勝して以来、5年半ぶりとなる8強入りだった。「横谷さまさまです」と上久木田健監督はエースの力投を意の一番の勝因に挙げた。

「先制されて悔しかったけど、すぐに味方が逆転してくれたので嬉しかった」と横谷。立ち上がりは直球主体だったのを徳之島打線に狙われたため、2回以降は持ち味である緩いカーブ、スライダーを中心に緩急を生かした投球に切り替えた。

 中盤以降、雨が激しくなり、得意の変化球の制球がおぼつかなくなると、再び直球主体に切り替える。強打の徳之島打線に合させる危険性はあったが「内外のコースをきっちり投げ分けることを意識した」。

 8回に打たれて2点差まで詰め寄られたが、9回に3、4番を迎えたところで変化球主体の緩急を入れた。最後の打者をファールフライで打ち取ると、力強く左拳を握って勝利を喜んだ。

 シード校を退けての8強入りだが「一戦一戦勝っていくだけです」と慢心はない。気持ちは次の鹿屋中央戦に早くも切り替えていた。

(文=政 純一郎

注目記事
2017年秋季大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
徳之島vs4校連合【鹿児島県 2018年秋の大会 第143回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
樟南、打撃戦制しV【鹿児島市地区新人大会の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
秋の県大会の前哨戦は樟南が打ち勝つ!決勝戦を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
樟南vs鹿児島商【鹿児島県 2018年秋の大会 鹿児島市地区新人大会】
第752回 【鹿児島大会総括】伝統校の勝負強さ、健在なり【大会展望・総括コラム】
薩南工vs徳之島【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
大島vs鹿児島商【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
徳之島vs鶴翔【鹿児島県 2018年夏の大会 第100回選手権鹿児島大会】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第722回 「4強」軸に本命なき混戦模様 !カギ握る「勢い」と「確かな力」【大会展望・総括コラム】
第628回 初戦から激戦必至!鹿児島県大会の注目カードを一挙紹介!【大会展望・総括コラム】
第517回 【鹿児島展望】シード校、初戦の好カード多し! 地に足つけた実力問われる!【大会展望・総括コラム】
鹿児島商 【高校別データ】
徳之島 【高校別データ】
第141回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る