2017年07月16日 鹿児島県立鴨池野球場

鹿屋中央vs鹿児島城西

2017年夏の大会 第99回選手権鹿児島大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

鹿児島発 球道夢限 政純一郎

エース鈴木、3安打完封・鹿屋中央

 ノーシード、1回戦から勝ち上がった鹿屋中央と第3シード鹿児島城西。4強最後の椅子をかけた一戦は鹿屋中央の左腕・鈴木勇斗(3年)、鹿児島城西の右腕・石川 槙貴(3年)、大会屈指の両腕同士が火花を散らす投手戦となった。

 鈴木は初回、2回で5四死球を出し、二度も一死満塁のピンチを招いたが、いずれもしのいで3回以降は安定した好投で、終わってみれば鹿児島城西打線を散発3安打完封だった。

 石川の前にチャンスは度々作りながらも、得点できなかった鹿屋中央だったが、8回二死一塁で、1番・八重尾塁がフルカウントからセンター前にポテンヒット。一走・金澤和真(3年)がスタートを切っており、一気に先制のホームに滑り込んだ。これで勢いをつかみ、8回裏は4安打を集中して3点をダメ押した。

 春は尚志館に初戦敗退。夏も1回戦の鹿児島南戦で9回二死2ストライクまで2点差で負けていた鹿屋中央だったが、一戦ごとに自信をつけ、14年夏に初の甲子園とつかんで以来となる準決勝進出を決めた。

(文=政 純一郎

注目記事
第99回全国高等学校野球選手権大会 特設ページ

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第1114回 「甲子園に行く」という強い信念が成功をもたらした 八方悠介(鹿児島城西)【後編】 【2020年インタビュー】
屈辱的な完封負けから八方悠介(鹿児島城西)はどのように初の甲子園を掴んだのか 【ニュース - インタビュー】
鹿児島城西エース・八方悠介はどうして佐賀を飛び出し、鹿児島へ行ったのか? 【ニュース - インタビュー】
第1107回 プロ入りを目指し佐賀から鹿児島へ 鹿児島NO.1右腕・ 八方悠介(鹿児島城西)が味わった悔しさ【前編】 【2020年インタビュー】
第1010回 「勝たなきゃ」より素直な「勝ちたい」気持ちを引き出す 鹿児島城西【後編】【野球部訪問】
第1009回 「まだまだ」のチームが射止めた甲子園出場 鹿児島城西(鹿児島)【前編】【野球部訪問】
第1000回 中森、小林、岩崎の近畿好投手トリオに加え、甲子園を沸かせそうな西日本好投手リスト23名!【大会展望・総括コラム】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
神村学園vs鹿屋中央【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿屋中央vs鹿児島商【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿屋中央vsれいめい【鹿児島県 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会】
鹿児島実vs鹿児島城西【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第1006回 「夢のままで終わらせず、現実に!」福重 圭誇(尚志館)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
第15回 甲子園総括コラム~意図がある前進守備~ 【2014年選手権大会】
鹿児島城西 【高校別データ】
鹿屋中央 【高校別データ】
第99回全国高等学校野球選手権鹿児島大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

鹿児島県地域応援スポンサー

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る