そつなく加点し快勝・池田

 3回に先制して以降、好機をそつなくものにした池田が快勝だった。

 3回、3番・丸野圭太(2年)の左中間三塁打などで2点を先制。
6回には二死から9番・日高魁聖(2年)のレフト線二塁打を皮切りに、二三塁とチャンスを作り、2番・伊東峻(3年)のライト前タイムリーで2点を加えた。
9回にも二死から6番・盛満悠志(3年)がレフトオーバー三塁打、7番・駒壽 大地(1年)がライトオーバー二塁打、8番・時政征一郎(2年)がライトオーバー三塁打と3連続長打に9番・日高のセンター前タイムリーもあって4連打で3点をダメ押した。

 8回までチャンスは作りながらも拙攻で本塁が遠かった福山は9回、四球とエラーで一死二三塁とし、内野ゴロで1点を返して意地をみせた。

(文=政 純一郎