清原はノーヒットも慶應義塾は長打攻勢で昌平に快勝しセンバツ有力!



ベスト4進出を果たした慶應義塾

<第75回秋季関東地区高校野球大会:慶應義塾7-3昌平>◇25日◇準々決勝◇県営大宮公園

 一昨日とは一転して肌寒い一日となったこの日の県営大宮球場。秋季関東大会は準々決勝、勝負の一日を迎える。第2試合は清原和博氏の次男・清原 勝児内野手を擁する神奈川県の2位校・慶應義塾対埼玉県の1位校、スーパーシード・昌平との一戦である。

 慶應義塾は前の試合6番の福井 直睦外野手(2年)が5番に上がり、前の試合本塁打を放った清原が、7番から1つ打順を上げ6番に入り、5番を打っていた延末 藍太内野手(2年)が7番に入る。一方の昌平は、県大会中に手を負傷していた小林 驍汰内野手(2年)がケガも癒え3番に復帰し、3番を打っていた磯木 一路内野手(2年)が6番に入る。6番を打っていた酒井 啓多外野手(2年)が7番に、7番を打っていた平田 春樹内野手(2年)が8番に入る。

 先発は慶應義塾が背番号10の右腕・小宅 雅巳投手、一方の昌平は左腕・石井 晴翔投手と両1年生が先発し試合が始まる。

 先制したのは昌平であった。

 昌平は初回、先頭の甲斐 陸斗外野手(2年)が右前安打を放ち出塁すると、続く金子 晄也内野手(2年)がきっちりと送り1死二塁とする。2死後、4番・齋藤 陽貴捕手(2年)が左前適時打を放ち1点を先制する。

 だが、慶應義塾はすぐに反撃を開始する。

 2回表、この回先頭の福井が左翼線へ二塁打を放ち出塁すると、続く清原がきっちりと送り1死三塁とする。ここで7番・延末が左中間へ適時二塁打を放ちまず1点。さらに2死後、9番・小宅が中前へ適時打を放つと、続く丸田 湊斗外野手(2年)も左越えの適時二塁打を放ち3対1とする。

 これで流れをつかんだ慶應義塾は3回表にも、この回先頭の渡辺 憩捕手(2年)が右前安打を放ち出塁すると、続く加藤 右悟外野手(1年)は送りバントをする。ここで
 「指示は出したが大歓声の中、声が掻き消されサードの判断が少し遅れてしまった」
 と、齋藤は試合後、悔やんだが、三塁手はバントを見送ったが、打球は切れず、犠打内野安打となり無死一、二塁とチャンスが広がる。ここで、5番・福井が左翼席へ3ランを放ち6対1と一気に5点差をつけ昌平を突き放しにかかる。

 対する昌平もその裏、この回先頭の金子が右前安打を放ち出塁すると、続く小林も左前へポトリと落ちるヒットを放ち無死一、二塁とするが、4番・齋藤は三直併殺に倒れると、後続も倒れ無得点に終わる。

 その後も昌平打線は結局毎回安打を放つなど、塁上は賑わすが、ほとんどが1死、2死からのチャンスで、あと1本も出ず、得点を奪えない。

 それでも、8回裏、この回先頭の代打・菅沼 航平捕手(2年)が左中間フェンス直撃の二塁打を放ち出塁すると、続く磯木も右前安打を放ち無死一、三塁とする。だが、7番・酒井はフルカウントまで粘るが、犠飛による1点でこの回の攻撃を終える。

 すると、9回表、慶應義塾昌平の4番手・古賀 直己投手(1年)に対し、この回先頭の大村 昊澄内野手(2年)が四球を選び出塁すると、続く渡辺 憩がきっちりと送り1死二塁とする。2死後、5番・福井が右翼へライナー性の打球を放つと、飛びついた右翼手はあと1歩及ばず、これが適時二塁打となり、慶應義塾が7対2とダメを押した。

 昌平もその裏、1死から3番・小林が左前安打を放ち出塁すると、続く齋藤が右前安打を放ち1死一、三塁とすると、5番・菅沼が犠飛を放ち1点を返すが反撃もここまで。

 投げては慶應義塾の小宅が16安打を浴びながらも粘りの投球を披露する。

 結局、慶應義塾昌平を7対3で下し来春のセンバツ切符が有力となる関東大会ベスト4進出を決めた。