高松商、2年生・浅野の高校通算34号で2年ぶりの夏聖地へ!



歓喜の輪をつくる高松商ナイン

<スタメン>
先攻:英明
1番:遊撃手 細川 颯貴(2年・163センチ65キロ・右投右打・高松市立屋島中出身)
2番:左翼手 安西 洸晟(2年・162センチ65キロ・右投右打・東かがわリトルシニア出身)
3番:二塁手 徳永 光希(2年・174センチ73キロ・右投左打・香芝ボーイズ<奈良>出身)
4番:一塁手 池本 生(2年・180センチ85キロ・右投左打・高松市立勝賀中出身)
5番:右翼手 吉峰 隼翔(3年・183センチ74キロ・左投左打・東かがわリトルシニア出身)
6番:捕手 仁木 千聖(2年・172センチ75キロ・右投左打・ヤング阿南シティホープ<徳島>出身)
7番:中堅手 逢澤 杏哉(2年・175センチ75キロ・右投右打・呉中央リトルシニア<広島>出身)
8番:投手 寒川 航希(2年・176センチ75キロ・左投左打・三木町立三木中出身)
9番:三塁手 倉谷 歩輝(2年・174センチ72キロ・右投右打・香芝ボーイズ<奈良>出身)


後攻:高松商
1番 中堅手 野崎 隼斗(3年・169センチ68キロ・右投左打・さぬき市立志度中出身)
2番 右翼手 浅野 翔吾(2年・170センチ83キロ・右投右打・高松市立屋島中出身)
3番 三塁手 安藤 康城(3年・165センチ71キロ・右投左打・東かがわリトルシニア出身)
4番 一塁手 本田 倫太郎(2年・171センチ92キロ・右投右打・東かがわリトルシニア出身)
5番 左翼手 藤井 睦斗(3年・175センチ80キロ・右投左打・高松市立太田中出身)
6番 捕手 山崎 悠矢(3年主将・175センチ75キロ・右投右打・高松市立太田中出身)
7番 二塁手 末浪 佑絃(3年・162センチ65キロ・右投左打・天理中<奈良>出身)
8番 投手 徳田 叶夢(3年・171センチ77キロ・左投左打・さぬき市立さぬき南中出身)
9番 遊撃手 横井 亮太(1年・170センチ72キロ・右投右打・坂出市立坂出中出身)

 25日、第103回全国高校野球選手権 香川大会は決勝戦が行われ、高松商が6対5で英明を下し、2年ぶり24回目の夏の甲子園への切符を掴んだ。

 試合の主導権をまず握ったのは2年前のリベンジを期し10年ぶり3度目の甲子園を狙う英明だった。2回表に一死一・二塁から7番・逢澤 杏哉(2年・中堅手)の右翼線適時二塁打などで2点を先制すると、4回表にも無死満塁から押し出し四球と2番・安西 洸晟(2年・左翼手)の左犠飛などで2点を追加。先発に抜擢された2年生左腕・寒川 航希も最速136キロをマークしたストレートを主体に高松商打線を5回まで4安打1失点に封じた。

 しかし、準決勝では大手前高松との9回4点差を一気に覆し「粘っていればどこかでチャンスが来ると思っていた」と長尾 健司監督。高松商はグラウンド整備を合図に反転攻勢に突き進んだ。6回裏に5番・藤井 睦斗(3年・左翼手)、7番・末浪 佑絃(3年・二塁手)の適時打などで同点に追い付くと、7回裏には先頭打者の2番・浅野 翔吾(2年・右翼手)が打った瞬間スタジアムが揺れる高校通算35号アーチを左翼芝生席へ。さらにこの回には末浪にも適時打が出て、試合の空気は完全に高松商へと傾いた。

 英明も8回表には寒川をリリーフした石河 大空(3年・右投左打・178センチ83キロ・高松市立古高松中出身)が意地のソロアーチを放ったものの、あと1点が届かず。最後は3番手の坂中 大貴(3年・175センチ74キロ・右投右打・高松市立紫雲中出身)がエースナンバーらしく最後を締め、高松商が2年ぶり21回目の大会優勝、2年ぶり24回目の聖地到達を成し遂げた。

(文=寺下 友徳

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。