2020年08月11日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

高松商vs大手前高松

2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

高松商、内田悠太を攻略し2年連続夏の香川県大会決勝進出!



3回表高松商二死から左越ソロアーチを放った4番・笠居 小史朗(3年・一塁手)

 「髙橋(冴綺・3年・右投右打・183センチ83キロ・観音寺市立中部中出身)には4回まで投げてもらって、残りを内田(悠太・3年・右投右打・176センチ70キロ・高松市立国分寺中出身)に全力で行ってもらい、4点以内に抑えて5点勝つプランだったんですが……。高松商の集中力がすごかったです」

 試合後、大手前高松・吉森 智一監督が兜を脱ぐほど、この大一番における高松商の打力は秀逸だった。

 初回は「準々決勝の英明戦でヒットが出ずに終わったので、この準決勝までに速いボールを打つためのノーステップ打法を練習してきた」1年生3番・浅野 翔吾(中堅手・右投右打・170センチ84キロ・高松市立屋島中出身・侍ジャパンU―15代表)による強烈な低いライナーで左中間を突破する先制三塁打などで4点を先制し内田を引きづり出すと、内田からも6得点。

 特に2回裏二死から内田の最も得意とするカットボールに対し「反応で打って」左翼芝生席に叩き込んだ4番・笠居 小史朗(3年・一塁手・172センチ85キロ・右投右打・高松市立屋島中出身)を口火に、「あのホームランでカットボールを投げづらくなった」内田のストレートを5回裏に狙い打った5番・谷口 聖弥(3年・二塁手・166センチ66キロ・右投右打・高松市立桜町中出身)の2ランまでの流れは好投手攻略のお手本というべきものといえよう。 

 

 これで2年連続で夏の香川県王者決定戦へと駒を進めた高松商。決勝戦の相手は4年前にセンバツ準優勝から一転、夏の甲子園出場への夢を断たれた因縁の相手・尽誠学園。当時とは180度逆の立場で迎える挑戦者は四国屈指の右腕を打ち崩した自信と中1日の研究時間をフルに発揮し「4年前のリベンジ・夏の香川県大会連覇・盟主奪還」の3つを果たしに行く。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
尽誠学園圧倒的な強さで香川県制覇!決勝を徹底レポート!【香川】 【ニュース - 高校野球関連】
尽誠学園vs高松商【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
高松商vs高松東【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
菊池雄星、大谷翔平、佐々木朗希と豪腕名投手輩出県!岩手県の伝統公立校を紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1003回 春の香川頂点と広陵挑戦、そして夏のシード権獲得へ!春季香川県大会を徹底解説!【後編】【大会展望・総括コラム】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第1008回 「冬の野球自由研究」春・そして夏の開花へ 県立城東(徳島)【野球部訪問】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
大手前高松vs星稜【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
城東vs大手前高松【2019年秋の大会 第72回秋季四国地区高等学校野球大会】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第833回 今年の高松商のエースは研究心旺盛。目指すは全国屈指の左腕へ 香川 卓摩(高松商) 【2018年インタビュー】
大手前高松 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
令和2年度香川県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る