2020年07月26日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

藤井vs四学大香川西

2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

藤井「2年タレント」で第4シード・四国学院大香川西に競り勝つ!



四国学院大・平井 涼成

 第4シード・四学大香川西は無念の初戦敗退。しかしそれでも昨秋の3位決定戦では英明に5回コールド「0対29」と記録的大敗を喫した悔しさを胸に刻んできた彼らの努力の後は随所に見えた。特に0対4の2回表二死満塁から2番手マウンドに立った平井 涼成(3年・172センチ62キロ・右投右打)は、昨秋・英明戦で先発した時に出した120キロ台後半を大きく上回る自己最速136キロを連発しつつ7回3分の1を3安打4奪三振1失点。

 本人は「9回表の失点が悔しい」と小さな声で話したが、枚方リトルシニア(大阪)では三塁手兼4番手投手。本格的な投手転向は高校入学後ということを考えれば著しい成長。どの道に進んだとしても、この努力の過程をぜひ人生に活かしてほしい。

 対して勝った藤井はスタメン9人中6人を占めた2年生が8安打中6安打・全5打点をマーク。かつこの6人はいずれも2016年度から活動開始した藤井中軟式野球部からの内部進学。2年前の2018年には現在高校で指揮を執る小林 大悟監督の下で「文部科学大臣杯第9回全日本少年軟式野球大会」と「全国中学生都道府県対抗野球大会in伊豆」に初出場。春はベスト8入りを果たす快挙を果たしたいわば「黄金年代」。そのうちの1人・藤井中では主将を務めた朝田 耕司(中堅手・右投左打・176センチ69キロ)は「中学で全国を経験したことで、接戦でも慌てずに試合が進められている」と、全国効果を認める。

 「高校では日本一を獲ろうと誓ってみんな集まってきた。チームの代表として試合に出ている責任を持って戦いたい」(朝田)。「ベストメンバーで戦いましょうと提案があった」(小林監督)3年生の想いも背負って、2年タレント軍団・藤井はシード撃破の先にある頂点を見据え続ける。

 

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
星稜との経験を活かす大手前高松、「小倉メソッド」注入の丸亀城西らのブロックを見ていく!【香川県大会展望】 【ニュース - コラム】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
尽誠学園が見事優勝!3位には英明が輝いた決勝、3位決定戦を徹底レポート!【秋季香川県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
英明vs四学大香川西【香川県 2019年秋の大会 香川県秋季大会】
第950回 【香川大会総括】「サプライズ」「羽ばたく2年生」「復活」「救世主」 そして本命が頂点へ【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第50回 横浜高校野球部に見た「野球の未来像」=「強く、正しく、カッコいい」【四国発】
松山聖陵vs四学大香川西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
藤井vs高瀬【香川県 2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会】
四学大香川西vs尽誠学園【香川県 2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会】
藤井学園寒川vs丸亀城西【香川県 2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会】
第849回 「横浜挑戦権」と「夏のシード権」をかけて!混戦模様の香川大会を徹底解説【大会展望・総括コラム】
四学大香川西 【高校別データ】
藤井 【高校別データ】
令和2年度香川県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る