2020年07月23日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

丸亀城西vs多度津

2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

丸亀城西を救った左腕の「斬新発想」



2番手6回3分の1を1失点(自責点1)で勝利に貢献した丸亀城西・大利 歩(3年)

 直近では2018年夏に甲子園出場を果たしている強豪・丸亀城西。しかしそんな彼らの大会初戦は初回から苦しいものとなった「(6月15日に開催された)丸亀との定期戦では138キロが出ていた」(河本 浩二監督)先発・雨嶋 大和(3年・178センチ70キロ・左投左打・丸亀市立飯山中出身)が初回から制球に苦しみ、わずか打者9人・38球で多度津相手に4点を失い降板。なおも二死満塁。

 しかしながら非常事態ともいえる状況で2番手マウンドに立った左腕・大利 歩(3年・175センチ73キロ・坂出市立白峰中出身)は極めて冷静に状況を分析し、フィニッシュボールを選択しようとしていた。

 「自分はストレートは120キロ台早いボールはもっていません。そこで自分にしかないボールを練習してきました」。そのボールとは……。東京ヤクルトスワローズ・石川 雅規投手の90キロ台「カツオカーブ」にヒントを得たスローボール。球速は50キロ台。しかも東海大四(現:東海大札幌)・西嶋 亮太(元JR北海道野球クラブ)のような上空に投げ込むものではなく、通常のカーブ軌道を描くもの。本人いわく「ちりめんじゃこカーブ」はストライクコースをかすめて見逃し三振となった。

 この1球が流れを大きく変えた。その裏、丸亀城西は二死から2点を返すと2回裏には一挙4点を奪って逆転勝ち。名門を窮地から救ったのは中学時代に「左利きの捕手をやっていた」大利の斬新発想であったことは間違いない。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
尽誠学園vs丸亀城西【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
中学通算60発侍戦士・浅野 翔吾(高松商1年)公式戦鮮烈デビュー!!23日、24日に行なわれた6試合の様子をレポート【香川】 【ニュース - 高校野球関連】
星稜との経験を活かす大手前高松、「小倉メソッド」注入の丸亀城西らのブロックを見ていく!【香川県大会展望】 【ニュース - コラム】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第950回 【香川大会総括】「サプライズ」「羽ばたく2年生」「復活」「救世主」 そして本命が頂点へ【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
藤井学園寒川vs丸亀城西【香川県 2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会】
丸亀城西vs市立呉【2019年 練習試合(交流試合)・春】
日南学園vs丸亀城西【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第739回 「超攻撃的リードオフマン」聖地での躍動を誓う 水野 達稀(丸亀城西) 【2018年インタビュー】
丸亀城西vs高松【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
多度津 【高校別データ】
丸亀城西 【高校別データ】
令和2年度香川県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る