2020年07月24日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

小豆島中央vs香川中央

2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

8・9回の大反抗で小豆島中央、待望の夏初勝利!



9回表に決勝三塁打を放った小豆島中央3番・山神 大和(3年・左翼手)

 この試合の前夜・横浜DeNAベイスターズの2年目右腕・大貫 晋一投手が7回二死まで続けたノーヒットノーランと全く同じ。香川中央のエースナンバーを背負う右スリークォーター・稲木 友希(3年・165センチ67キロ・右投右打・綾川町立綾上中出身)の快投で進んだ小豆島中央香川中央の闘い。

 ただし、最終結果はノーヒットノーランを続けていた横浜DeNAベイスターズが快勝したNPBの舞台とは真逆。小豆島中央が8回に4安打・3四球・1犠飛で5点差を追いつき、9回表に二死三塁から3番・山神 大和(3年・左翼手・右投右打・174センチ71キロ・小豆島町立小豆島中出身)の右越三塁打で逆転を果たすという、実に夏の高校野球らしいダイナミックな展開であった。

 とはいえ、この大逆転は決して偶然ではない。劣勢の中にあっても小豆島中央は「稲木くんは力んでいたので後半勝負と選手たちには言っていた」と大西 玲治監督が振り返ったように、勝利への意気は全く失っていなかった。 そしてもう1つの殊勲功は3投手をリードしつつ、2つの二盗を阻止した中西 健(163センチ67キロ・右投右打・小豆島町立小豆島中出身)である。

 小豆島中時代は尽誠学園宝来 真己-濵本 嵐士(現在は投手)大型バッテリーの陰に隠れ、古市 和真(3年・投手・169センチ63キロ・右投右打)と2番手バッテリーを形成していた中西。そこから指揮官も「よく野球の勉強をしている」と認める努力を重ね、旧チームから正妻の座に。さらに昨秋までは課題のあった二塁送球も「下半身を鍛えて体幹が安定するようになって、強いボールを投げられるようになった」。特に同点で迎えた8回表二死一塁からの「走ることは頭の中に入っていた中で低いボールを投げられた」二盗阻止は、チームの勢いを加速させる上での大きなポイントとなった。

 そして、2017年4月・小豆島土庄とが統合し新設4年目にして待望の夏初勝利をあげた小豆島中央の次戦は、最速147キロ右腕・内田 悠太(3年)がいる第2シード・大手前高松。間違いなく格上の相手を向こうに回して、3歳上の姉・愛さんが小豆島2年時にマネージャーとして2016年センバツ21隻枠出場を果たした快挙を身近で感じている中西をはじめ、2年半の間、双子の山を仰ぎつつ部員44人が心の手を結び続けた小豆島中央が、どのような戦いを見せるか注目したい。 

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
甲子園出場経験を持つチーム同士が揃う超激戦区を勝ち抜くのは?【香川県大会展望】 【ニュース - コラム】
星稜との経験を活かす大手前高松、「小倉メソッド」注入の丸亀城西らのブロックを見ていく!【香川県大会展望】 【ニュース - コラム】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1003回 春の香川頂点と広陵挑戦、そして夏のシード権獲得へ!春季香川県大会を徹底解説!【後編】【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第849回 「横浜挑戦権」と「夏のシード権」をかけて!混戦模様の香川大会を徹底解説【大会展望・総括コラム】
第823回 秋季香川県大会総括 着実に実を結ぶ「オール香川」強化・振興策【大会展望・総括コラム】
丸亀城西vs高松桜井【香川県 2017年夏の大会 第99回選手権香川大会】
藤井vs小豆島【香川県 2017年夏の大会 第99回選手権香川大会】
善通寺一vs高松一【香川県 2017年夏の大会 第99回選手権香川大会】
丸亀vs英明【香川県 2017年夏の大会 第99回選手権香川大会】
香川中央vs坂出【香川県 2017年夏の大会 第99回選手権香川大会】
香川中央 【高校別データ】
小豆島中央 【高校別データ】
令和2年度香川県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る