2019年10月13日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

英明vs四学大香川西

2019年秋の大会 香川県秋季大会 3位決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

英明、猛攻で8年連続の秋季四国地区高等学校野球大会へ!



1回表英明二死満塁から7番・住友 勝輝(2年・左翼手)が中越走者一掃三塁打を放つ

 「英明」の胸文字がダイヤモンドで躍動した一戦だった。8月から就任した香川 純平新監督が静かに見守る中、英明は相手のミスと死球で得た一死満塁から5番・豊島 大(2年・捕手・165センチ67キロ・右投右打・丸亀市立飯山中出身)が初球をレフト線に落としまず2点。なおも二死満塁から準決勝までは4番だった7番・住友 勝輝(2年・左翼手・176センチ75キロ・丸亀市立飯山中出身)がライト寄りに前進守備をしていた相手中堅手の上を越える走者一掃三塁打で計5点。打者9人の猛攻で大きく四学大香川西を突き放した。

 さらに英明は2回表も攻撃の手を緩めず住友の2点適時などで打者16人を送り込み10得点。先発の最速138キロ右腕・[player]石河 大空[/player](1年・175センチ76キロ・右投左打・高松市立古高松中出身)もスピードを抑え気味に制球力重視の内容で3回を投げ、四学大香川西の安打を初回先頭・原 勇次(2年・遊撃手・166センチ55キロ・右投右打・関メディベース ボール学院ヤング<兵庫>出身)の右前打含む2安打無失点に封じた。

 終わってみれば英明は毎回得点での20安打29得点で5回コールド勝ち。初代監督・香川 智彦前監督から引き継いだ襷を確実につなぎ、8年連続8度目の秋季四国地区高等学校野球大会出場を決めた。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋田、金足農など公立校王国・秋田を率いる伝統公立校。第1回大会と第100回大会で決勝進出 【ニュース - 高校野球関連】
実力の東都二部も逸材揃い!期待の新入生12名 【ニュース - 高校野球関連】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1003回 春の香川頂点と広陵挑戦、そして夏のシード権獲得へ!春季香川県大会を徹底解説!【後編】【大会展望・総括コラム】
第982回 令和元年秋の四国王者決定戦 混戦に断を打つのはどの学校か?【秋季四国大会・前編】【大会展望・総括コラム】
第226回 高卒選手に最もチャレンジしているのはヤクルト・楽天?!過去10年の高卒1位競合選手から見るドラフト【ドラフト特集コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第983回 豪快かつ緻密な「二刀流」!村田 龍哉投手兼三塁手・徳島商(徳島) 【2019年インタビュー】
松山聖陵vs四学大香川西【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
四学大香川西vs尽誠学園【香川県 2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会】
英明vs高松工芸【香川県 2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
英明vs香川高専高松【香川県 2018年秋の大会 香川県秋季大会】
第279回 英明高等学校 田中 寛大投手【後編】 テーマは「力みのなさ」と「調子が悪いなかでも勝つ」こと 【2015年インタビュー】
第278回 英明高等学校 田中 寛大投手【前編】 「足りない」からこそ努力し続ける僕の「ライアン流」 【2015年インタビュー】
英明 【高校別データ】
四学大香川西 【高校別データ】
令和元年度(第72回)秋季四国地区高等学校野球 香川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る