2019年03月21日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

藤井学園寒川vs丸亀城西

2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

藤井学園寒川、「加茂育成」春緒戦を打線援護で制す!



藤井学園寒川・加茂優太(3年)

 「冬場は投げない時期を作って下半身を鍛えてきました。春の練習試合ではここまで141キロが出ています。ただ、課題は制球力ですね……」。試合前、藤井学園寒川の最速147キロ右腕・加茂 優太(171センチ72キロ・右投右打・大阪生野リトルシニア出身)の現状について佐竹 茂樹監督に問うと、やや歯切れの悪い返事があった。はたして、試合が始まると……その理由はすぐに解けた。

 

 この日の加茂の投球内容は4回を投げ94球4安打8四死球。奪三振はわずか1で4失点の大乱調。最速153キロ右腕・西 純矢(創志学園<岡山>3年)らとの対戦でストレートへの見極めを鍛えていた丸亀城西がバントの構えなどで揺さぶりをかけ続けたとはいえ、昨年11月の県高野連招待試合・報徳学園(兵庫)と比較しても、下半身が割れないため身体の開きが早く腕が振れず。それでも右腕を無理矢理引っ張ろうとして「フォームが途中で崩れて修正できない」(加茂)悪循環に陥っていた。

 指揮官は今大会の位置づけについて「夏に向けて加茂を先発で経験させる」方針を掲げているが、このままでは厳しいのは自明の理。周囲はまず「チームに迷惑をかけている」本人の意識をポジティブな方向に変え、体重移動を第一に考えてストレートを投げ込む方向性を打ち出してほしい。

 4回表を終えて0対4。しかし、藤井学園寒川打線はここから奮起した。この春にマウンド復活を遂げた丸亀城西左腕エース・藤田 翔希(3年・左投左打・165センチ83キロ・三豊市立三野津中出身)に対しては「昨秋対戦した時は登板機会がなかったが、一塁からの返球を見て速いボールはないと確信していた」佐竹監督の読み通り、2巡目以降は徐々に絞り球をロックオンすることに成功。

 4回裏に9番・橋本 健汰(3年・右翼手・右投右打・164センチ62キロ・寝屋川リトルシニア<大阪>出身)の右前2点打で迫ると、続く5回裏には打者10人で7得点。逆転して藤田をマウンドから降ろした直後には「(2番手の)千葉(雄天・3年・右投右打・173センチ69キロ・奈良中央リトルシニア<奈良>出身)が踏ん張っていたので応えたかった」1番・髙野 佑大(3年・捕手・右投右打・168センチ66キロ・滋賀南リトルシニア<滋賀>出身)の高校初アーチとなるグランドスラムで試合を決めた。

 終わってみれば7回コールドで難敵を下した藤井学園寒川。今後「次の機会」を与えてくれたチームメイトに加茂が呼応する好循環が生まれれば、この苦戦は彼らにとって大きなターニングポイントとなるかもしれない。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
尽誠学園vs丸亀城西【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
中学通算60発侍戦士・浅野 翔吾(高松商1年)公式戦鮮烈デビュー!!23日、24日に行なわれた6試合の様子をレポート【香川】 【ニュース - 高校野球関連】
丸亀城西vs多度津【香川県 2020年夏の大会 令和2年度香川県高等学校野球大会】
星稜との経験を活かす大手前高松、「小倉メソッド」注入の丸亀城西らのブロックを見ていく!【香川県大会展望】 【ニュース - コラム】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第992回 四国の野球2020を占う 四国アイランドリーグplus中心に「バズり」の予感【大会展望・総括コラム】
第950回 【香川大会総括】「サプライズ」「羽ばたく2年生」「復活」「救世主」 そして本命が頂点へ【大会展望・総括コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第49回 社会人名遊撃手の系譜をたどり、ドームで活躍誓う「高卒ゴールデンルーキー・水野達稀」【四国発】
丸亀城西vs市立呉【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
日南学園vs丸亀城西【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第739回 「超攻撃的リードオフマン」聖地での躍動を誓う 水野 達稀(丸亀城西) 【2018年インタビュー】
藤井学園寒川 【高校別データ】
丸亀城西 【高校別データ】
平成31年度 春季四国地区高等学校野球 香川県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

藤井学園寒川寒川の今春の香川大会の初戦の対戦相手決定!!カメ大王 2019.02.16
寒川の今春の香川大会の初戦の対戦相手は丸亀城西ですね
丸亀城西は私が昨夏の香川大会の決勝にて、香川県営球場の内野席から今まで以上に派手な応援を繰り出すと、当時のキャプテンが高松高校に2点リードを許している場面にて同点ツーランを最大のジャンクションに、逆転した挙げ句に引き離す野球で、優勝し甲子園再出場を遂げたチームでした
それでも寒川も昨秋の香川大会は丸亀市民球場にて最後の最後までOBであるチーフの分まで、津田高校を応援していた中で、その津田打線には毎回出塁を許しながらも、3点差で振り切り勝利を遂げたチームでした
今春の香川大会では丸亀城西より寒川の方を強く岡山県から応援したいです
それでも勝者には今春の香川大会の3回戦以後も強く大躍進を願いたいです!!☆☆♪
私も期待しています!!♪
寒川サイドの皆様は今春の香川大会の初戦の対戦相手も決まったことで、今年の春の大会ではひとまず四国地区大会出場に向けて、勝利を目指して頑張って下さい
ガンバレ寒川!!めざせ公式戦における勝利☆☆
寒川が今春の香川大会で丸亀城西から勝利を遂げることを願いたいです

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る