2019年03月21日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

英明vs高松工芸

2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

英明、「課題多し」の初戦突破



英明先発・黒河 竜司(3年)

 「2月に右手首を突いて1カ月投げられていないんです。オーストラリア遠征までは順調だったのに。登板したのも1週間前に智辯和歌山(和歌山)、明石商(兵庫)とやった練習試合がはじめて。最速は135キロ?この時点で140は出ていないといかんねえ……」

 試合後、英明・香川 智彦監督が発するコメントの5割以上は4球団のNPBスカウトが視察に訪れた最速143キロ右腕・黒河 竜司(3年・右投右打・180センチ75キロ・高松市立屋島中出身)の状態だった。下半身が細く、一生懸命に腕を振っても球速が伸びないこの日の黒河。それでも小技も利く高松工芸打線に対し114球4安打1四球10奪三振1失点完投は抜群の試合勘と制球力によって為せる業とも言えるが、こと夏や本人の将来を切り拓く上では課題が残るものだったと言えよう。

 対する打線も13安打で小刻みに得点を重ねたものの、バントミス・走塁ミスも随所に目立った英明。今後は勝ちをかだいにしつつ、黒河と共に昨年センバツを経験してる1番・山上 慎太朗(3年・中堅手・右投右打・172センチ62キロ・坂出市立白峰中出身)に続く柱の育成が焦点になってくる。

(文=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春季関東大会を総括!東海大相模や東海大菅生が見せた投手運用を振り返る 【ニュース - コラム】
志度がフルスイングで初戦快勝!!春季香川県大会2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
第849回 「横浜挑戦権」と「夏のシード権」をかけて!混戦模様の香川大会を徹底解説【大会展望・総括コラム】
第35回 四国選抜 海外遠征を経由して全国・世界で通用する選手・チーム輩出へ!【四国発】
第78回 「センバツ90回・選手権100回」超え、新たな時代へ!2018年・四国高校球児ベストナイン 発表!【高校野球コラム】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第823回 秋季香川県大会総括 着実に実を結ぶ「オール香川」強化・振興策【大会展望・総括コラム】
第822回 「学びの力」が成績として反映された秋季四国大会【大会総括】【大会展望・総括コラム】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
英明vs香川高専高松【香川県 2018年秋の大会 香川県秋季大会】
丸亀城西vs英明【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
英明vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
聖カタリナ学園vs英明【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
第279回 英明高等学校 田中 寛大投手【後編】 テーマは「力みのなさ」と「調子が悪いなかでも勝つ」こと 【2015年インタビュー】
第278回 英明高等学校 田中 寛大投手【前編】 「足りない」からこそ努力し続ける僕の「ライアン流」 【2015年インタビュー】
英明 【高校別データ】
高松工芸 【高校別データ】
平成31年度 春季四国地区高等学校野球 香川県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

高松工芸よき井 2019.03.15
がんばれ

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る