2018年10月07日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

英明vs香川高専高松

2018年秋の大会 香川県秋季大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

英明「エース温存」で尽誠学園との準々決勝へ



最杉田 壱成(英明)

 香川高専高松戦。英明の先発マウンドに立ったのは最速143キロ右腕の黒河 竜司(2年・右投右打・180センチ80キロ・高松市立屋島中出身)ではなく、背番号「11」の杉田 壱成(2年・右投右打・182センチ90キロ・高松市立太田中出身)であった。この試合に勝っても台風24号襲来による順延の影響ですでに先々週に3回戦を終えている尽誠学園との準々決勝は翌日第1試合。香川 智彦監督はリスクを承知で「エース温存」を選択したのである。

 はたして、その選択は「吉」と出た。杉田は最速130キロ前後のストレートとわずかに沈むツーシーム系の変化球を中心に香川高専高松打線を6回を投げ3安打無四球1奪三振無失点。打線も1回表一死二・三塁から4番・宮本 潤(1年・三塁手・右投左打・171センチ64キロ・高松リトルシニア出身)がカット系のスライダーに巧く反応して右前2点適時打を放つと、3回表に2点・5回表には3長打を集め4点を奪い10安打10得点。香川高専高松の2投手は3四死球と丁寧に投げていただけに、英明打線の確かなスイングがいっそう引き立った。

 

 それでも試合後は「全然」と辛口評価に終始した指揮官。その目線はすでに尽誠学園との大一番に向いていた。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春季関東大会を総括!東海大相模や東海大菅生が見せた投手運用を振り返る 【ニュース - コラム】
英明vs高松工芸【香川県 2019年春の大会 平成31年度 春季四国地区高等学校野球香川県大会】
志度がフルスイングで初戦快勝!!春季香川県大会2試合を徹底レポート! 【ニュース - 高校野球関連】
第849回 「横浜挑戦権」と「夏のシード権」をかけて!混戦模様の香川大会を徹底解説【大会展望・総括コラム】
第35回 四国選抜 海外遠征を経由して全国・世界で通用する選手・チーム輩出へ!【四国発】
第78回 「センバツ90回・選手権100回」超え、新たな時代へ!2018年・四国高校球児ベストナイン 発表!【高校野球コラム】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第823回 秋季香川県大会総括 着実に実を結ぶ「オール香川」強化・振興策【大会展望・総括コラム】
第822回 「学びの力」が成績として反映された秋季四国大会【大会総括】【大会展望・総括コラム】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
丸亀城西vs英明【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
英明vs大阪桐蔭【2018年 練習試合(交流試合)・春】
聖カタリナ学園vs英明【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
第279回 英明高等学校 田中 寛大投手【後編】 テーマは「力みのなさ」と「調子が悪いなかでも勝つ」こと 【2015年インタビュー】
第278回 英明高等学校 田中 寛大投手【前編】 「足りない」からこそ努力し続ける僕の「ライアン流」 【2015年インタビュー】
英明 【高校別データ】
香川高専高松 【高校別データ】
平成30年度 秋季四国地区高等学校野球  香川県大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る