2018年10月07日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

高松商vs三本松

2018年秋の大会 香川県秋季大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

珠玉の投手戦は高松商・香川 卓摩に軍配!



最速139キロ11奪三振1失点完投の高松商・香川-拓摩(2年)

 随所に荒々しさは残しながらも、最速141キロのストレートと120キロ台のチェンジアップで凡打を積み重ねる三本松・上杉 倫聖(2年・右投右打・168センチ66キロ・さぬき市立長尾中出身)。対して左腕から最速139キロストレートと120キロ台のスライダー、110キロ後半のカットボーをル駆使し、三振の山を築く高松商・香川 卓摩(2年・左投左打・165センチ62キロ・東かがわリトルシニア出身)。この年代で四国地区屈指とも言える両者の対決は非常に見ごたえがあった。

 ただ、昨年も秋季四国大会ベスト4まで到達している高松商は、三本松が見せたわずかなスキを見逃さなかった。2回裏には長尾 健司監督が「ラッキーボーイ」と称する6番・浅野 怜(2年・右翼手・右投右打・166センチ62キロ・東かがわリトルシニア出身)が真ん中高めに甘く入ってきた137キロを中越に運び、待ち受けていた相手三塁手のグラブタッチを数センチでかわしてチーム初安打となる三塁打とすると、続く新居 龍聖(2年・捕手・右投左打・170センチ67キロ・丸亀市立飯山中出身)が初球をライトに引っ張って先制犠飛。続く3回にも3四死球で得た一死満塁から浅野が中犠飛を打ち上げ2点目。結局、上杉の前には8回で2安打しか放てなかったものの、高めに外れるストレートに手を出さず6四死球を奪ったことが功を奏したといえよう。

 一方、4回まで出た走者は1四球のみ。6三振と完ぺきに抑えられていた三本松は中盤以降に修正。5回表に先頭5番の吉田 裕馬(2年・捕手・右投右打・172センチ70キロ・東かがわ市立大川中出身)が右越二塁打を放つと、一死三塁から7番の代打・竹本 英聖(1年・一塁手・右投左打・178センチ77キロ・東かがわリトルシニア出身)が身体の開きを抑え、コンパクトに強くスイングして中前適時打。その後もやや球威の落ちた香川から計9安打を奪い、毎回に渡り二塁・三塁上に走者を賑わかせる。

 それでも高松商の背番号「1」は最後までしたたかだった。9回表には無死一塁からバント処理で併殺を奪い、その後に連打と四球で背負った二死満塁も三振で締めて134球3四球11奪三振完投。珠玉の投手戦を制した高松商は連戦となる準々決勝で小豆島中央と対戦することとなった。

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【動画】「最弱」から日本一へ 2017年夏・甲子園ベスト8の三本松に密着 【ニュース - 高校野球関連】
甲子園出場経験を持つチーム同士が揃う超激戦区を勝ち抜くのは?【香川県大会展望】 【ニュース - コラム】
第1003回 春の香川は最速147キロ右腕・内田 悠太擁する大手前高松、小倉全由の教えを注がれた丸亀城西らに注目!【前編】【大会展望・総括コラム】
第1003回 春の香川頂点と広陵挑戦、そして夏のシード権獲得へ!春季香川県大会を徹底解説!【後編】【大会展望・総括コラム】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第1回 古豪復活に選抜での金星 香川県高校野球3大ニュース【香川の高校野球】
第3回 かつて四国4商と言われていた時代が、高校野球の歴史を作っていた【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
鶴岡東vs高松商【第101回全国高等学校野球選手権大会】
志度vs三本松【香川県 2019年夏の大会 第101回選手権香川大会】
高松商vs坂出工【香川県 2019年夏の大会 第101回選手権香川大会】
高松商vs日本文理大附【2019年 練習試合(交流試合)・春】
富岡西vs高松商【2019年春の大会 第72回春季四国地区高等学校野球大会】
第853回 「強い人間性」で150キロ・高卒プロをつかみ取る 加茂 優太(藤井学園寒川2年・投手) 【2018年インタビュー】
第833回 今年の高松商のエースは研究心旺盛。目指すは全国屈指の左腕へ 香川 卓摩(高松商) 【2018年インタビュー】
三本松 【高校別データ】
高松商 【高校別データ】
平成30年度 秋季四国地区高等学校野球  香川県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

優勝じゅん 2018.09.22
1回戦みましたが、素晴らしいチームだと思います

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る