2018年07月09日 香川県営野球場(レクザムスタジアム)

高松東vs石田

2018年夏の大会 第100回選手権香川大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

これぞ高校野球の原点、高松東・石田が見せた「魂の野球」

 延長11回・2時間22分の果てしなき死闘だった。試合中盤までは高松東が主導権を握る展開。2回裏二死二・三塁から相手暴投で先制すると、先発の壷井 真拓(3年・173センチ58キロ・右投左打・三木町立三木中出身)はサイドに近いスリークォーターから120キロ前後のストレート・変化球をコースに散らし、石田打線を6回まで完全に封じた。

 

 しかし、ここから石田は粘りに粘る。130キロを超えるストレートを中心に力投を続ける先発・湯浅 翔太(3年・167センチ66キロ・右投右打・さぬき市立長尾中出身)に応えるべく、7回表先頭打者の1番・松井 夢羽(3年・172センチ58キロ・右投右打・さぬき市立さぬき南中出身)が執念のバント安打で出塁。

 さらに一死二塁から3番・藤井 礼(3年主将・捕手・右投左打・176センチ58キロ・さぬき市立長尾中出身)の左前打と相手失策を絡めて同点に追い付くと、延長戦に入った10回表には二死一・三塁から一塁走者が一度飛び出し挟まれる間に三塁走者が生還するスペシャルプレーでついに勝ち越した。

 ただ、試合はこれでは終わらない。その裏、高松東は一死三塁から3番・藤澤 謙志(3年・163センチ64キロ・右投左打・高松市立香川第一中出身)の左犠飛で再び2対2とすると、石田が11回二死からの3連打で1点を勝ち越した裏にも二死一・三塁・2ボール2ストライクから途中出場の9番・前田 凛太郎(2年・遊撃手・右投左打・170センチ61キロ・高松市立龍雲中出身)が石田の湯浅が投じた158球目ストレートをおっつけて左中間へ。石田の中堅手は必死のダイビングキャッチを試みるも、打球は歓喜と涙の狭間を探すように、芝生に弾んで、抜けていった……。

 

 13年ぶりの夏1勝が逃げていった石田。奇跡的な逆転サヨナラで琴平が待つ2回戦へ駒を進めた高松東。ただ、この試合に関しては勝敗は二の次である。ただ、あるのは両雄高校野球の原点である「魂の戦い」を見せてくれたということである。 

(レポート=寺下 友徳

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
今秋県大会で初のベスト8入りを果たした統合新設校・小豆島中央の現在地! 【ニュース - コラム】
第17回 「小豆島旋風」から3年 小豆島中央の現在地【四国発】
「混戦・激戦・熱戦」の香川県展望!ノーシード校にも十二分に優勝のチャンスあり! 【ニュース - コラム】
第730回 【香川展望】100回目、香川の夏は「混戦・激戦・熱戦」【大会展望・総括コラム】
藤井学園寒川vs石田【香川県 2016年秋の大会 香川県秋季大会】
第196回 【第97回香川大会展望】強豪ブロックに立ち向かう秋春四国王者・英明 ノーシード勢にもチャンスあり【大会展望・総括コラム】
香川西vs石田【香川県 2015年春の大会 平成27年度春季香川県大会】
高松中央vs石田【香川県 2014年秋の大会 香川県秋季大会】
高松一vs石田【香川県 2014年春の大会 平成26年度春季香川県大会】
尽誠学園vs高松東【香川県 2012年夏の大会 第94回選手権香川大会】
石田 【高校別データ】
高松東 【高校別データ】
第100回 全国高等学校野球選手権記念 香川大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

石田あ 2018.07.14
石田3点や
高松東楽しかった高校野球ファン 2018.07.11
東の野球部も石田の野球部も最後まで諦めずに頑張った姿を見せてくれました。最後まで諦めない姿勢を見て元気をもらいました。東高は石田高校のぶんまで思いを持っていって琴平高校に絶対勝ってください。
ワクワクした試合また見せてください応援しています

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る