丸亀城西を高みに導いた「2年生カルテット」

 尽誠学園の連覇を阻んだのは、やはりシード校であった。第3シードの丸亀城西尽誠学園の攻勢によって何度も手放しそうになった勝利への鍵を探し求め、ついに最終回で我がものにすることに成功。高みに導いたのは丸亀城西が誇る「2年生カルテット」である。

 1人目は先発の大西 徳哉(173センチ70キロ・右投右打・善通寺市立西中出身)。1回裏には一死二・三塁から尽誠学園4番・森井 啓悟(3年・捕手・169センチ74キロ・生駒ボーイズ<奈良>出身)の左犠飛で先制点を許し、その後も2番・植松 良也(3年・二塁手・169センチ66キロ・右投左打・小豆島町立小豆島中出身)に適時打と犠飛を献上するなど5回まではやや安定感を欠いた大西だったが、6回以降はシンカー系のシュートを低めに出し入れし、3イニング連続三者凡退。9回は失策で招いた二死二塁の場面で大前 輝明(2年・178センチ90キロ・右投右打・丸亀市立西中出身)にマウンドを譲ったが、105球6安打2四球4奪三振は見事だった。

 2人目はその大前。右翼守備では3回表一死一塁からの安打で三塁を狙った一走をレーザービームで刺して尽誠学園の勢いをせきとめると、マウンドでは最速136キロのストレート勝負で7番・元根 哲輝(3年・投手・181センチ75キロ・左投左打・柏原リトルシニア<大阪>出身)を空振り三振に仕留める守護神ぶりを発揮した。

 3人目は9回表二死・フルカウントの場面で高めに浮いたストレートを振りぬいて右翼線二塁打。続く水野 達稀(2年・遊撃手・168センチ67キロ・右投左打・丸亀市立南中出身)の浅い左前打で迷いなく決勝ホームを踏んだ2番・中川 斗蒼(二塁手・163センチ57キロ・右投左打・丸亀市立飯山中出身)。最終回での想定外の連続は尽誠学園の動揺を引き出した。

 そして4人目は水野。守備では4回裏一死二塁のピンチで頭上のライナーをジャンプ一番つかみ取り併殺を完成。打っては決勝打のみならず、3回表一死一・三塁の場面では遊撃ゴロを併殺崩れにする俊足を発揮。5回表は右前打後、捕手が数メートル横にはじいたスキを見逃さず二進。さらに一死三塁から5番・渡辺 将人(3年・中堅手・168センチ69キロ・丸亀市立西中出身)の投手前正面スクイズを成功させるホーム突入も光った。

 右打者・左打者の違いはあるが、小柄ながら走攻守に突出した実力を見せる水野のパフォーマンスは明豊(大分)時代の今宮 健太(現:福岡ソフトバンクホークス)を彷彿させる。

 かくして2005年夏以来12年ぶりの甲子園にいよいよ手の届く位置まできた丸亀城西。7月22日(土)13時からレクザムスタジアムで行われる準決勝・丸亀との「丸亀市内対決」でも、丸亀城西の2年生カルテッドの躍動は止まらない。

(レポート=寺下 友徳

 全国各地の大会結果や試合レポートはここでチェック!
夏の大会特集ページ