2015年03月30日 レクザムスタジアム

丸亀城西vs大手前高松

2015年春の大会 平成27年度春季香川県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

さすらいの四国探題 寺下友徳

「奪・進塁」が許した進塁の先に

完封勝利を挙げた山上 代貴(丸亀城西)

 大手前高松のチームスローガンは「奪・進塁」である。練習や練習試合から徹底したデータ管理を行い、自チーム・相手チームのストロングポイント・ウィークポイントを把握した上で最善の策を講じる。盗塁数の多さもその表れだ。さらに、この春からは「守備ポジショニングと配球を連動させる」(山下 裕監督)ワンランク上の野球にも取り組み、ベスト4まで駒を進めてきた。

 だが、競技を問わずシステムを構築した場合、そこを崩された際のリスク管理はより重要になってくる。この試合での1回裏は正にそのパターンだった。

 丸亀城西の1番・森 涼矢(遊撃手・3年・右投左打・174センチ65キロ・三豊市立仁尾中出身)は中前打。さらに中堅手が処理にもたつく間に「少しでもミスしたら狙っていた」森はすかさず二塁へ進む。

 ここで「奪・進塁」を先んじされた動揺は大きかった。この回は4安打・1四球・1盗塁を絡められ3失点。6回にはこの回から4番手で登板した最速146キロ右腕・香川 瑞貴(3年・右投右打・180センチ73キロ・高松市立紫雲中出身)も無死二塁から守備ポジショニングの逆を再び森に突かれる二塁打により、決定的な4点目を失ってしまった。

 もちろん、昨秋初戦敗退(試合レポート)の屈辱を晴らすべく「冬場は身体を大きくすることをテーマに23時には寝て睡眠を取ることを言ってきて、練習では『次』を意識することに取り組んできた」(河本 浩二監督)丸亀城西の執念は高く称賛されるべきだろう。

 また、独特の右サイドから「冬場に走り込んで体重が10キロ増えた」ことによる切れ味鋭いツーシーム・シンカー・スライダーも駆使し112球5安打6奪三振完封。これで今大会5試合40回を投げ、いまだ防御率0.00(失点は2)を続ける最速135キロ・山上 代貴(3年・右投右打・171センチ70キロ・丸亀市立南中出身)の投球も「四国屈指」というレベルであった。

 が、これも初回・丸亀城西の3点、さらに言えば森の「奪・進塁」がなければ起こりえたかどうか判らない結果。フレーズの裏に潜む破られた際のリスク管理。これは大手前高松のみならず、全国のチームも他山の石として学ぶべき事象のように思う。

(文=寺下 友徳

2015年度 春季高校野球大会 特設サイト
【ひとまとめ】2015年の全国各地の高校野球を占う!
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
秋春夏とすべて優勝チームが異なった昨シーズン!混戦・香川を制するのは? 【ニュース - コラム】
第791回 「混戦・香川」を制するのは誰だ!【大会展望・総括コラム】
香川県・愛媛県の2017~2018年シーズンを振り返り軌跡と次への提言を紹介! 【ニュース - コラム】
第759回 春の課題を「持ち越した」香川県、「収穫につなげた」愛媛県【大会展望・総括コラム】
第46回 丸亀城西(香川)【13年ぶり5回目】【第100回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
日南学園vs丸亀城西【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第748回 【4日目見所】大会ナンバーワン右腕・吉田輝星が登場!花咲徳栄の初戦にも注目【大会展望・総括コラム】
第739回 「超攻撃的リードオフマン」聖地での躍動を誓う 水野 達稀(丸亀城西) 【2018年インタビュー】
第741回 ミレニアム世代の有力野手が一挙集結!大会を沸かせるバッターたち【大会展望・総括コラム】
丸亀城西vs高松【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
丸亀城西vs英明【香川県 2018年夏の大会 第100回選手権香川大会】
大阪桐蔭vs大手前高松【2018年 練習試合(交流試合)・春】
大手前高松vs聖カタリナ学園【2018年春の大会 第71回春季四国地区高等学校野球大会】
大手前高松 【高校別データ】
丸亀城西 【高校別データ】
平成27年度 春季四国地区高等学校野球香川大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

香川県地域応援スポンサー

香川県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る