歴史的瞬間!そしてもうひとつの目標へ向かって

「160キロを出したいです」
入学以来、大谷 翔平(3年)はそう言い続けてきた。

花巻東が選抜大会で準優勝、夏にベスト4入りを果たした2009年は中学3年生。菊池 雄星(埼玉西武)にあこがれて花巻東に入学したが、佐々木洋監督からはこう言われた。

「『雄星さんみたいになりたい』と言うのはやめてくれ。『雄星以上になりたい』と思わなければ、雄星を越えることはできない」

それ以来、大谷は目標を高く、高く掲げてきた。
菊池がドラフトで6球団から1位指名されたのを受け、「8球団から1位指名される選手になる」。160キロとあえて口にしたのも、菊池の出した155キロを上回るためだ。155キロを目指していては、160キロを出すことはできない。155キロを通過点にしていれば、たとえ160キロに届かなくても157、158キロを出すことはできる。ビッグマウスではなく、目標を高くすることで、最低でも菊池と同じ記録に到達できるようにという考えなのだ。
今年の選抜大会前のインタビューで、大谷が日南学園・寺原隼人(オリックス)が記録した154キロ(※甲子園スピードガン)ではなく、「160キロが目標です」と口にしているのを聞いて、佐々木監督は「あいつもわかってきた」とうなずいていた。

そして、ついにその日が訪れた。
岩手県営球場に詰めかけたファンが歴史的瞬間の目撃者だ。

8対1と大量リードして迎えた6回表。二死二、三塁、打者は5番・鈴木匡哉(3年)という場面だった。
フルカウントからの6球目。内角低めのストレートがうなりをあげる。捕手・佐々木隆貴(3年)のミットを叩く音からワンテンポ遅れて、球審がストライクをコールした。
スコアボードに表示された「160」の数字にどよめくスタンド。ネット裏のスタンドからは拍手が起こった。

「ざわめいていましたけど、何が起きたのかわからなかった。ランナーを背負っていたので気持ちは力が入ったのですけど、体はリラックスして投げられた。低めにしっかりいったのでよかったです」と振り返った大谷。

高校生で史上初めて打席で160キロを体感した鈴木匡はこう言う。
「低めでボールかと思ったのが、伸びてきた。投げたと思ったらもうミットに入ってる感じですね。手が出ませんでした」