花巻東を優勝に導いた、取り組む姿勢 + α

 取り組む姿勢は、互角だった。
捕手が投手に返球する際に、セカンド、ショートが1球1球バックアップに入り、捕球姿勢までとる。内野ゴロを打てば、外野の芝生まで全力で駆け抜ける。外野フライでも、万が一の落球に備えて二塁まで走っていた。あいさつや身だしなみ、グランド整備のしかたも含め、盛岡三花巻東にひけをとるところはなかった。
だが、やはりいかんともしがたい部分があった。

それは、能力の差。練習量の差。
公立対私立の対決でこういってしまえば元も子もないが、これが顕著に表れた。

 この試合のキーマンになったのは花巻東大谷 翔平。大会前に左足を肉離れした影響で今大会ではわずか1試合1回3分の2のみの登板に終わったが、試合前ノックにも入らず、痛み止めを使用し、ライトで出場した。野手・大谷のビッグプレーが飛び出したのは3回。2死一、二塁で盛岡三の4番・佐藤心平の打球がライト前へ。やや深めの守備位置だったが、前進してゴロを捕球すると、まさに“矢のような”送球がダイレクトで捕手のミットに収まり、二塁走者の高橋拓雅はタッチアウト。球場をどよめかせる一投で先制点を許さなかった。

さらに、4回。盛岡三は先頭の神馬良典が右中間へ安打を放つ。だが、これまた深めの守備位置をとっていた大谷が回り込んで捕球すると、素早くセカンドへ好返球。神馬を一塁にとどめてみせた。
「(打球の)コース的には二塁に行けると思ったんですけど、前(の回)にあのバックホームを見ていたので行けませんでした」(神馬)

大谷は6回にもライト前ヒットをあわやライトゴロにしようかという送球を見せている。いずれも、投げれば150キロを記録する強肩ゆえのプレー。ライトが大谷でなければ、確実に完封はなかった。
「(足を痛めているが)上半身で投げれば大丈夫です。(バックホームは、二塁走者が)回ってくれたらラッキーぐらいの気持ちで投げました」(大谷)
 初回に2死満塁を逃し、3回には併殺。4回にも2死一塁から二塁打で一気に本塁を狙った走者がアウトになるなど、序盤は拙攻をくりかえしていた花巻東。スタンドは盛岡三の応援団の方が多く、雰囲気が変わる可能性があっただけに、先制点を食い止めた大谷の肩は大きかった。