無死1、2塁から7回ピシャリ

 「みちのくのダルビッシュ」こと大谷 翔平(2年)を擁し、2年ぶりの出場を目指す花巻東。この日も初戦の宮古水産に続き、福岡に7-0の7回コールドで快勝した。だが、マウンドに、まだ大谷の姿はない。3番・ライトで先発出場した大谷は3打数2安打2打点とバットで活躍し、取材を受けた。打撃についてはもちろん、「早く投げたい?」との質問も飛んだ。「そうですね。でも、今日は毅がいいピッチングをしてくれたので」。周りにいた記者全員が見上げる191センチの長身右腕はそう言って笑った。

 この試合の先発は3年生左腕・穀田裕次だった。宮古水産戦では最終回をピシャリと抑えていた。しかし、この日は福岡の1番・日野優太(2年)にカウント3-2から四球を与えると、2番・田中悠暉(3年)にはストレートの四球で歩かせてしまう。無死1、2塁。「伸び伸び投げるといいボールがいくんですけどね」と苦笑いの佐々木洋監督はスパッと交代した。マウンドに向かったのは、2年生右腕・佐々木 毅。3番・中村大輝(2年)に送りバントでフライを上げさせ、1死を奪うと、二ゴロ、投ゴロで打ち取って切り抜けた。

 その後も、4回に福岡の4番・土屋博貴(2年)に二塁打を浴び、6回には内野安打を許したが、安打はその2本のみ。周りによく声をかけ、自分のタイミングに持ち込んで強気に攻める。1回の無死1、2塁での緊急登板にも「準備は出来ていた」という。130キロ後半の直球に、スライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜ、その後の7回を無難に抑え、佐々木監督は「よく投げてくれた」とほめた。自身も「自分の仕事をしっかりできてよかったです。3年生のために投げるだけなんで」と納得顔だ。コールドを決めたのも佐々木 毅。6-0の7回裏、1死3塁で一塁線へスクイズを決め、3走・松橋朝也(3年)をホームへ返した。