2011年07月17日 花巻球場

花巻東vs福岡

2011年夏の大会 第93回岩手大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

無死1、2塁から7回ピシャリ

 「みちのくのダルビッシュ」こと大谷 翔平(2年)を擁し、2年ぶりの出場を目指す花巻東。この日も初戦の宮古水産に続き、福岡に7-0の7回コールドで快勝した。だが、マウンドに、まだ大谷の姿はない。3番・ライトで先発出場した大谷は3打数2安打2打点とバットで活躍し、取材を受けた。打撃についてはもちろん、「早く投げたい?」との質問も飛んだ。「そうですね。でも、今日は毅がいいピッチングをしてくれたので」。周りにいた記者全員が見上げる191センチの長身右腕はそう言って笑った。

 この試合の先発は3年生左腕・穀田裕次だった。宮古水産戦では最終回をピシャリと抑えていた。しかし、この日は福岡の1番・日野優太(2年)にカウント3-2から四球を与えると、2番・田中悠暉(3年)にはストレートの四球で歩かせてしまう。無死1、2塁。「伸び伸び投げるといいボールがいくんですけどね」と苦笑いの佐々木洋監督はスパッと交代した。マウンドに向かったのは、2年生右腕・佐々木 毅。3番・中村大輝(2年)に送りバントでフライを上げさせ、1死を奪うと、二ゴロ、投ゴロで打ち取って切り抜けた。

 その後も、4回に福岡の4番・土屋博貴(2年)に二塁打を浴び、6回には内野安打を許したが、安打はその2本のみ。周りによく声をかけ、自分のタイミングに持ち込んで強気に攻める。1回の無死1、2塁での緊急登板にも「準備は出来ていた」という。130キロ後半の直球に、スライダー、カーブ、チェンジアップを織り交ぜ、その後の7回を無難に抑え、佐々木監督は「よく投げてくれた」とほめた。自身も「自分の仕事をしっかりできてよかったです。3年生のために投げるだけなんで」と納得顔だ。コールドを決めたのも佐々木 毅。6-0の7回裏、1死3塁で一塁線へスクイズを決め、3走・松橋朝也(3年)をホームへ返した。

【次のページ】 花巻東vs福岡(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
花巻東OB・菊池雄星が駆け抜けた、エースの責任を背負った最後の夏 【ニュース - 高校野球関連】
高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か? 【ニュース - コラム】
第49回 高校野球界に「中学軟式出身旋風」到来か?【101回大会特集】
鳴門vs花巻東【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第953回 大会4日目は選抜準優勝の習志野が登場!すべて実力校対決の4日目4試合の見所!【大会展望・総括コラム】
第44回 筑陽学園(福岡)【16年ぶり2回目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
第22回 花巻東(岩手)【2年連続10度目】【第101回全国高等学校野球選手権大会 チーム紹介】
花巻東vs大船渡【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
花巻東vs黒沢尻工【岩手県 2019年夏の大会 第101回選手権岩手大会】
第1008回 この夏、完全覚醒へ。自己分析できる大器・西舘勇陽(花巻東) 【2019年インタビュー】
第592回 花巻東の伝統を守り、秋から磨いた強打で2年連続の聖地へ 花巻東(岩手)【野球部訪問】
東海大福岡vs唐津商【2019年 練習試合(交流試合)・春】
南筑vs東海大福岡【2019年 練習試合(交流試合)・春】
第774回 甲子園のスターから社会人屈指の本格派へ化ける!板東湧梧(JR東日本)の進化の秘密 【2018年インタビュー】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
第356回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.1「目標に向かって真剣に」 【2016年インタビュー】
花巻東 【高校別データ】
福岡 【高校別データ】
第93回岩手大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

岩手県地域応援スポンサー

岩手県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る