逆転の花巻東を呼び込んだエースの西舘の好リリーフ

 4回裏に一挙5点を取られて、1対5と厳しい状況。ただ打たれただけではなく、細かな守備のミスがあった。それでも花巻東ナインは動じなかった。
 「ベンチでは昨秋の東北大会のことを思い出せと話をしていました」
と語るのが花巻東の佐々木洋監督。6回以降の攻撃は秋季東北大会の聖光学院戦、仙台育英戦の逆転劇を思い出させるものだった。

 前半は黒沢尻工の先発・石塚 綜一郎(3年)の投打の前に苦しんだ。1回表、犠飛で1点を先制したものの、それから石塚は立ち直った。捕手らしいコンパクトなテークバックから130キロ後半(常時141キロ)の速球は思わず差し込まれるものがある。佐々木監督は「疲れもあるかなと思いましたが、前半のピッチングは素晴らしいものがありました」と敵将がたたえるほど。そして4回裏、打でも魅せる。石塚は一死二塁の場面で甘く入ったカーブを逃さず、鋭い打球でレフトへ適時打。その後、石塚の適時打で勢いに乗って一気に5点を奪う。ここで、花巻東はエースの西舘 勇陽を投入する。ここが試合の分かれ目となった。西舘は後続を抑え、味方の逆転を待つ。

 その後、6回表、水谷公省の適時打で1点を返し、7回表には西舘が2点適時打を放ち、追い上げモードに。そして8回表、5番・田村陽大の適時打で同点に追いつくと、その後、打者13人の攻めで一挙7点を入れて逆転に成功。ビッグイニング返しで試合をひっくり返した。佐々木監督の指示で、フライを上げず、コンパクトに振りぬくことを心掛けさせたことが逆転につながった。

 西舘は「登板した4回裏は準備を始めたイニングからであまりなれなかったのですが、その後は気持ちを落ち着かせて投げることができました」と、自慢の140キロ台の速球を披露。
「いつも通りの調整ができて、しっかりと投げられている」と語るように、左足を巻き込みつつ、左腕のグラブで戻す力を使って、投げ込む投球フォームから繰り出す速球は球場表示で、140キロ中盤を計測。

「相手は長打力のある石塚選手なので、しっかりと力を入れて投げました」と7回裏、石塚に対しては球場内の球速表示で最速149キロを計測。その時のストレートは素晴らしいものがあり、1か月前で見た西舘とは別人の姿があった。ストレートの勢いに関しては全国トップクラスといっていいだろう。手元のスピードガンでも平均球速138.91キロ・最速143キロと、随分と力強くなっていた。さらに120キロ後半のスライダー、フォークも素晴らしく、5.1回を投げて6奪三振、無失点の好投を見せ、決勝戦進出を果たした。

 こうして決勝戦は大船渡との対戦が決まった。大会前から大船渡の佐々木をマークして練習してきた。大会前、中村主将は
「ビビらずに自信をもって向かっていきたい」
と語っていた。

 「逆転の花巻東」は決勝戦でも発揮できるか。 

(文=河嶋 宗一)